尾盛駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

尾盛駅(おもりえき)とは、静岡県榛原郡川根本町に位置する、大井川鐵道井川線の駅である。付近に民家が存在しないほか、駅に通じる車道や整備された歩道なども存在せず、駅に到達する手段が鉄道しかないという秘境駅中の秘境駅として知られる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「尾盛駅」の項目を執筆しています。

概要[編集]

当駅は1959年に井川線が旅客営業を開始すると同時に開設された。かつては井川ダムの建設関係者のために宿舎や小学校等もあったといい、現在のように付近が無人であったわけではない。以前は隣の接岨峡温泉駅に至る軽車道が存在し、南アルプスの山々への登山道も存在していたが、いずれも廃道となった。そのため、当駅の利用者は駅に降り立つためだけに駅を利用しているといえる。

存在意義[編集]

真っ当な利用のない当駅が廃止されない理由としては、以下の二つが挙げられる。

井川線の成り立ち
井川線は、大井川ダムや井川ダムの建設のために中部電力の専用線として建設された。ダムの完成後も、ダム建設の補償として中部電力の補助の下で旅客営業が行われているという事情があるため、当駅を廃止することができないようである。とはいえ、当駅が廃止されることで不都合のある住民はいないため、これは主たる理由ではないと思われる。
鉄道ファンの存在
鉄道ファンの中には、各地の駅を訪れることを趣味とする者がいる。中でもトラベルライターの横見浩彦は、日本国内にあるすべての駅を訪問したとされている。そのような鉄道ファンの中では、駅の利用価値がなければないほど訪問の価値が上がると考えるのか、いわゆる秘境駅の訪問を好む傾向がある。大井川鐵道にとっては、列車に乗車しないとたどりつけない当駅を残しておくメリットは大きいだろう。

この尾盛駅においては、駅を利用しようがないからこそ駅の価値が生まれている。この駅は「駅とは何か」という疑問を投げかける存在だと言えるだろう。

関連項目[編集]