居酒屋タクシー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「居酒屋タクシー」の項目を執筆しています。

居酒屋タクシー(いざかや-)とは、居酒屋兼業のタクシーである。以前から営業していたが、最近になって霞ヶ関界隈で発見された。

概要[編集]

昨今社会問題化した飲酒運転。もちろん日本の各省庁もこの問題の解決に苦慮した。

酒も飲みたい、しかし移動が問題だ。だったらタクシーで飲めばいいじゃないか。という何とも単純明快な答えを国家権力によって実現したものである。

当初行っていたタクシーのサービス(飴等の提供)を発展させたものである。

乗り方[編集]

この居酒屋タクシーは普通のタクシーとは少し違った作法がある。

  • まず霞ヶ関の各省庁群より少し離れた場所にある特別なタクシー乗り場へ行く。
  • 運転手が客を役人と察知するや否やトランクから酒類とつまみを出す。
  • 客は乗車し、行き先を告げ、到着するまで酒類とつまみを楽しむ。
  • 目的地に到着したら客は運賃を現金か各個人に配られるタクシーチケットで支払う。ちなみに酒類等の金額は運賃に含まれている。

なんと孤独と哀愁を感じさせる光景であろうか。

乗客層[編集]

おおむね中央官庁のある千代田区霞ヶ関から直線距離で50キロメートル以上の遠距離通勤を常とする「お得意様」である。

主なサービス[編集]

初期の居酒屋タクシーは、飴や菓子などを無償提供など到底居酒屋と呼べるものではなかった。

しかし、タクシー業界の競争が激化し、何としてでも客を増やさなければならなかった。そこに政府から上記の話が舞い込む。もちろん業界側は快諾。その結果以下のようなサービスが形成されていった。

  • 初期
    • 飴、仁丹、ポケットティッシュの無償提供
  • 中期
    • 菓子、飲み物(ソフトドリンク)の無償提供
  • 現在
    • 酒類、つまみの無償提供
    • 現金のキックバック

など献血ルームよりも進んだサービスによって、霞ヶ関の役人の皆様にはとても好評なようである。

上級者向けの利用法[編集]

この居酒屋タクシー。実は別な利用法もあるのである。それは役人同士の密談である。

普通、密談といえば、都内の高級料亭を財布から金を出してやるものであるが、週刊誌やマスコミの目が気になってしまう。

しかし、この居酒屋タクシーを使えばただタクシーに乗るだけで完全に密室になるのである。もちろん外部の目にはただの帰宅にしか見えない。 ただし、運転手が話の内容をすべて聞いていてマスコミ等に垂れ流すという事態も考えられるので、ご利用は計画的に。

関連項目[編集]