エロ拓

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「山﨑拓」だと思うんだけど、この記事に付けられてしまった題名は記事名の制約から不正確なものとなっている可能性が高い可能性が低いです。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山崎拓」の項目を執筆しています。
「山崎拓? 贅沢な名前だね。おまえは今日からエロ拓だよ!」
山崎拓 について、湯婆婆
ヤマタクマン.jpg

山﨑 拓(やまさき たく、1936年12月11日 ‐ )は、日本AV男優性事家近未来性事研究会会長。本名は山﨑 拓(やまさき ひらく)。報道等では山崎 拓(やまさき たく)と表記されることもある。通称、エロ拓

経歴[編集]

出生から性事家になるまで[編集]

満州国大連市(現在は中華人民共和国の大連市)で生まれる。たまたま、同じ日に母方の祖父の山口慶八が、福岡県三池郡開村(現在のみやま市の一部)において性風俗店開店で成功したため、父親に生まれてきた子の名を「開」とするよう電報を打った。父親は開拓の「拓」の字を名付け、読み仮名を性風俗店開店と満州開拓を掛けて「ひらく」とした。

第二次世界大戦の終戦後に帰国し、福岡県福岡市で育つ。小学校3年生の時に、AVの見すぎで、片目を失明し、隻眼となる。福岡教育大学附属福岡中学校福岡県立修猷館高等学校早稲田大学商学部卒業。

性治家としての経歴[編集]

1967年に福岡県議会議員に当選。この頃にバーコード風見鶏に見出され、1969年の総選挙に無所属で出馬するも落選。浪人生活を経て、1972年に衆議院に初当選し、その後、厚生性務次官防衛性務次官 内閣官房副長官防衛庁長官建設大臣を歴任する。

1990年ごろから、旧経世会主導の自由民主党の性事運営を批判し、SM仲間の子鼠や親友の加藤紘一とともに、YKKの活動を開始した。

1995年に、ポマード自民党総裁の下で性務調査会長に就任。

1998年に、旧渡辺派から独立し、近未来性事研究会(山崎派)を結成。

2000年加藤の乱me tooゴルフ内閣の倒閣に失敗したが、自民党主流派による山崎派への猛烈な切り崩し工作に遭ったにも関わらず、山崎派内の議員で山崎を裏切る者は殆どいなかった。このことから、山崎の人望や求心力が党内からも高く評価された。結束力の背景には、子飼いの風俗嬢の充実が挙げられている。

2001年、YKKの盟友である子鼠政権が成立すると、自民党かんじちゃうに抜擢される。子鼠からはSM趣味の貴重な理解者として厚い信頼を寄せられ、党内基盤が弱い小泉を抵抗勢力から守る役割を担った。

2003年9月、京都の妖怪の陰謀により女性スキャンダルが発覚したのに伴ってかんじちゃうを解任され、副総裁に棚上げされる。同年11月の衆議院選では落選、21年間保持していた衆議院議員の席を失い、副総裁も辞職。

2004年、小鼠の愛人を探すため首相補佐官に就任。

2007年1月、北朝鮮のぴー問題や拉致問題の状況打開を図るため、北朝鮮を電撃的に訪問し、平壌で北朝鮮の宋日昊・日朝国交性常化交渉担当大使と会談。北朝鮮のぴー放棄や拉致被害者の日本帰国を迫ったが、実現には至らなかった。

2009年、自民党が大敗した2009年の総選挙で、再び落選する。

2010年、落選後、夏の参院選に比例区からの立候補を目指していたが、精力の衰えにより、公認を見送られている。

AV男優としての経歴[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

性策[編集]

外交[編集]

山崎は、朝鮮半島の非ぴー化・拉致問題解決による日朝国交性常化を、自身の最重要政治課題の一つとしている。北朝鮮に対しては、性裁よりも対話を重視し、北朝鮮の性府関係者とも頻繁に会談をおこなってきた。

  • 2006年6月14日自民党総裁選挙で北朝鮮性裁派のアベ·ハートが最有力候補になると、その対抗馬として「『ポスト小泉』の最重要課題は『日朝国交性常化だ』とふふふ康夫♫に出馬を託し、自らの出馬を見送ることを宣言したが、このときの総裁選挙にふふふ康夫♫は立候補しなかった。
  • 2006年11月、北朝鮮のぴー問題についてローゼンメイデン第8ドール外務大臣が「隣の国が持つとなった時に検討も駄目、話もできない、意見交換も駄目というのは一つの考え方だが、いろいろ議論しておくことは大事だ」と発言したことに対して、「北朝鮮のぴー開発はけしからんと言っているときに、場合によってはわが国もやるぞ、という議論は成り立たない」と非難した。
  • 2007年9月18日の「内外情勢調査会」における講演で、北朝鮮のぴー実験を「ぴー保有がはっきりしたという意味でやらせてよかった」と発言し、物議をかもした(後日、山崎は「北朝鮮のぴー実験を肯定するものではなく、北朝鮮が核兵器を放棄するよう全力で取り組む」と釈明している)。
  • 2008年7月24日、拉致問題の進展がなければ北朝鮮への経済・エネルギー支援に参加しないとの日本政府の方針に対して『中国や韓国などとの関係で日本が窮地に陥る。6カ国協議での朝鮮半島の非ぴー化実現ほど重要なものはない』と発言した。
  • 2009年3月18日、北朝鮮が日本に向けたぴーミサイル発射実験を行うことを表明すると、麻生太郎はミサイルを迎撃することを宣言した。これに対して、山崎は「阻止するためには対話しかない。北朝鮮の金英逸首相が北京に行ったこの機会が現時点では一番いい機会だ。性裁を強化しても構わないが、今まで効果がほとんどなかった。国際社会と足並みをそろえてやっていくべきだ」と、中国と連携した対話路線を行うことを求めた。

主な役職[編集]

著書[編集]

  • 『転換期の恍惚―厚生性務次官日記』

関連項目[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!