山本麻里安

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山本麻里安」の項目を執筆しています。

山本 麻里安(やまもと まりあん、1981年9月11日 - )は日本アイムエンタープライズ所属…だったのは昔の話で、今はセリの結果81プロデュースに落札された。高橋美佳子と漫才コンビ「あいびきにく」を結成している。

人物[編集]

  • いわゆる「肉声優」。とは言っても、いわゆる「肉便器」とか、「公衆便所」とかって意味ではない。単にお肉が好きなだけ。ちょっと期待したでしょ。残念でした。
  • また極度な牧場好き。FCバスツアーで牧場のハシゴなる予定を立てるほど。さすがに元相方の榎本温子も“何が良いのかさすがにわかんない”と軽く引く程。
  • 実は本業は牛肉専門の評論家ではないかとの指摘もある。
  • 今でこそ牛であるが小学生の頃は体重600kgのだった。本当は60kg以上。それでも十分にデブだ。
  • 肉を食べに行く前夜、高ぶった気持ちを詩にしたのが、名曲「お肉を食べよう」である。この曲は現在日本全国のスーパーで流されており、「だんご3兄弟」、「おさかな天国」と並び、日本三大食品歌の一つとしての地位を不動にしている。
  • 家電店の店頭で乗馬式ダイエット器具にまたがり「ひゃっほー!!」と絶叫した話は一部で有名(実話)。後に、高橋美佳子のラジオにゲスト出演した際、「ひー! はー!!」が加わった(これも実話)。
  • 「あいびきにく」の相方である高橋美佳子お笑い声優としてブレイクする中、山本は自分も一発ギャグが欲しいと思った。しかし、あまりお笑いに向いていないのか、さっぱり思い付かず、結局、ファンを誘導して毎年作ってもらっている。
  • 人気の面はさておき、デコビッチとタメを張れるデコである。ぷちぷり*ユーシィのイベントではユーシィのコスプレをしてその広いデコを晒し、訪れたファンを目のやり場に困らせた。
  • あまり知られていないが、17歳教の教祖に神の啓示を与えた超々々々重要人物である。彼女なくして17歳教も井上喜久子も存在しなかった。あ、それは言い過ぎか。パソコンの前のみんながいつも首をかしげている、知られていないその理由は、おやこんな時間にピザ屋かな?
  • 長年、アイドル声優の本命としてブレイクするかと思われたが、{今でも鳴かず飛ばずである。かつて17歳だった彼女が永遠の17歳に達するまでにブレイクして欲しいとアニメ業界からは熱いまなざしが注がれている。この項目の記述が充実しないのも、そうした現実に合わせているためである。
  • 最近は声優としてブレイクできないことに嫌気が差して激娘仲間の三重野瞳の影響か脚本家への転向を本気で考えているようである。
  • 声優に詳しくない連中相手には、メタルギアソリッド2のオタク科学者の妹の中の人ってわかってくれる可能性高いと思うよ、たぶん。

デビュー作について[編集]

榎本温子と山本麻里安は同じ作品でデビューしているが、クソ真面目な百科事典では榎本のデビュー作が初めて主役を演じた作品に書き換えられている。これは榎本ファンによる捏造ではなく本当のデビュー作が謎のウイルスに感染していることが発覚し回収されたためである。

関連項目[編集]

  • 後藤邑子 - 牛肉派である山本麻里安の最大の敵対勢力、鶏肉派『ラブチキン』の元締め。
  • 小林ゆう - 豚とネットラジオ(画像配信つき)を放送している危険人物。
  • 神戸守 - 彼が監督の作品では、彼女は決まって挽き肉にされる。その確率は桑島法子も真っ青の100%。


Yuichi Nakamura.jpg この項目「山本麻里安」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)