山田オルタナティブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

山田オルタナティブ(やまだ - )は、日本マイクロソフトニート自宅警備員が円滑に社会復帰できるように開発した究極のコミュニケーションツールである。正式名をBKDR_AGENT.BOGという。

動作の詳細[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山田オルタナティブ」の項目を執筆しています。
山田オルタナティブの起動画面

このソフトは、他の人に見つかっても良いように特定のエロゲのインストーラに偽装した姿でインターネット上に存在しており(エロビデオに映画のラベルを貼るようなものである)、ニート自宅警備員WinnyShareなどを経由して容易に入手できる。インストールも簡単で、インストーラーを起動するだけで、山田オルタナティブをインストールしているという意識を全く持たずに完了させることができる。

このソフトはインストールされると即座にパソコンの80番、8000番、8080番などのポートをランダムに開き、さらにはインストールされたパソコンのIPアドレスをNTT方式と呼ばれる方式で平仮名に変換した後、2ちゃんねるのニュース速報に、この平仮名の文字列を自動的に書き込むという優れた機能を有している。この際、「電話番号、何番?」と聞かれるが絶対に入力してはならない。

また、10分ごとにこのソフトがインストールされたパソコンのデスクトップ画像を撮影してインターネット上に公開する。さらには、パソコンの処理を重くしてネット接続にも邪魔になるウイルス駆除ソフトを解除でき、現在市販されている大方のソフトに対応可能であるなど、ノーベル賞ものの機能も有している。

この後このソフトは、インストールされたパソコンをとして設定するので、インターネットに接続されたあらゆる人々が、山田オルタナティブがインストールされたパソコンのあらゆる中身を閲覧し改変することが可能となる。

2ちゃんねるに住んでいるヲチャという神々は、暗号解読ソフトというソフトを使ってこのソフトが生成した平仮名を解読してIPアドレスに変換する能力を有しており、ヲチャの神々がIPアドレスをインターネットエクスプローラに貼り付けると、このソフトが入ったパソコンの中身を全部見ることができるので、入ったパソコンから写真や電子メールその他の個人情報を見て話し合い、必要ならその人に様々なアドバイスを与え、深い深いコミュニケーションをとることになる。そして最後に、2ちゃんねるのダウンロード板に『(´・ω・ )カワイソス 』と書き込んで、このソフトの目的が達成される。

このようにして、このソフトはニート自宅警備員のパソコンの中身を不特定多数の人に公開することで、相互理解を進め、コミュニケーション能力に乏しい彼らでも他人に理解され、円滑な人間関係が築けるように手助けを行う。

山田オルタナティブの使用例[編集]

ケツ毛バーガー
  • 某三洋電機社員がshareでこのソフトをインストールしたら、交際中の彼女の陰部の御開帳写真やハメ撮り写真、動画、更には電子メールに書かれたこの二人の本名までもが流出した事件(ケツ毛バーガー事件)。この彼女の陰部が陰毛からケツ毛がはみ出た衝撃的な写真や、陰部の形状がまるでハンバーガーの様に見えたことからケツ毛バーガーの名が付いた。なおこの二人、mixiに本名で登録しており、陰部の写真が全国に流出した彼女の方は出身高校まで明らかになった。おかげで三洋電機の社会的信用は失墜し、mixiの株価も大暴落した。この彼女は後に自殺したという噂もあるが詳細は明らかになっていない。
  • 特に自衛隊による被害が多く、武器庫の情報など軍事機密情報が流出している。そのため対策として、2006年には40億円で隊員用にパソコンを供給し、私物のパソコンの持ち込みなどを禁じた。だが、そういった対策を施しても、2007年以降も自衛隊では情報流出が発生している。こういった個人情報漏えいの為に2007年7月に日本が購入を検討しているF-Xについてアメリカ議会調査局が報告書で懸念していると記載されているが、所詮はならず者国家の言うことなので大きなお世話である。
  • 2007年5月には、警視庁による大規模な情報漏えいが発生し、暴力団少年犯罪痴漢強姦事件の被害届の詳細や暴力団と関係がある人物一覧(なかには芸能人や元プロ野球選手などの実名を挙げた上で暴力団と関係していたなどという情報も含まれていた)などと言った個人情報が1万人規模で公になり、近年流行の情報公開に貢献した。

このソフトを狙った悪意のあるソフトウェアについて[編集]

現在、ヨドバシカメラを初めとして多くの量販店で、「ノートン・インターネットセキュリティ」や「ウイルスバスター」などの悪質なコンピューターウイルスが市販され、しかも年1回モデルチェンジするのは残念な限りである。

これらの悪質なコンピューターウイルスの多くは、山田オルタナティブをコンピューターウイルスと誤認し削除してしまうので特に注意が必要である。