岡山操山高校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

岡山操山高校(おかやまそうざんこうこう)とは、岡山県にある県立高校

概要[編集]

人見絹枝を輩出した「岡山県高等女学校」と、さしたる著名人を輩出しなかった「岡山県第二岡山中学校」が合併して設立された県立高校である。 岡山県内の進学校を纏めた呼び名である「岡山五校」の一つにも数えられているが、生徒への思想教育が盛んであるという負の面が存在する(これについては後述する)。 前述したように、前身である岡山第二岡山中学校出身の著名人は非常に少ない。 もない真っ赤なをいけしゃあしゃあと書き連ねるフリー百科事典ウィキペディア」においてさえも、岡山第二岡山中学校出身の著名人の数は水増しされて3人である。ちなみに、このページの文量も執筆者にとってみれば水増しされた上でのものである。つまり、本質的な内容は非常に少なく、つまらないかもしれない、ということである。しかし、だからといってこれを見ているあなたはNRVICUなどの面白くないシールやキリストをこのページの上部に決して貼り付けてみたり磔にしたりしてはいけない。

女学校時代[編集]

もう一つの前身である岡山県高等女学校からは、日本人初のオリンピックメダリストである人見絹枝が卒業している。 人見絹枝は岡山県高等女学校で当時としては斬新であったフェミニズムの思想教育を受け、卒業後には日本人女性の社会進出の道を示すべくオリンピックメダリストとなり、 その後の女性社会人の地位の向上や、果ては男女雇用機会均等法男女共同参画社会基本法などの成立にまで影響を及ぼした。 当時のような思想教育は現在の岡山操山高校でも慣習となっているが、その領域はフェミニズムに留まらず、自民党の安全保障関連法案に対する肯定的な内容をも含んでいる。学校外部からは批判の声が数多く上がっているが、我が国の立法という役割において大きな功績を残し、更に政権や行政について肯定する趣旨の教育を実施していることから、批判のほとんどは国によって封じられている。

関連項目[編集]


この項目「岡山操山高校」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)