岩男潤子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

岩男潤子(いわお じゅんこ)とは声優の形をした大分県別府市製の全自動哀しみ製造機である。

経歴のようなもの[編集]

グラン星という太陽系外惑星の王族の娘だったが、同星が侵略された際に王家の鎧と共に脱出ポットによって地球に不時着マッドサイエンティストの手によって育てられていたが、王家の鎧を狙う悪者に狙われる様になりアンドロイド「鳥籠姫」に精神を移し変えられて、ロックマン潤子として2D横スクロール形式のステージをクリアして本当の両親の仇を取った。

この時元の体に戻れる保証はなかったが、単身上京してアイドルとなり、見事彼女への「想い」のエネルギー3万人分を得て人間となった。

その名残で一つの声帯から同一人物とは思えないような声紋を発し分ける事が可能であり、緊張すると手がペンギンのものと換装される。あと時折裏人格「悪男づん子」が発動して、正気に戻る度に検閲により削除たりするが仕様である。その声の特性を生かして双子の姉妹の振りをして勘違い男を振ることに成功している。

突如アイドル卒業を宣言するが、ストーカー被害に悩み、最終的に真犯人のマネージャーを交通事故の形で始末して自己解決した。アイドル時代はNHK日本ヘンタイ教育放送)のお姉さん的な何かをしていたが、その後もNHKの何かはしていて、木之本桜に対する衣装政策と田代行為は多数のOTAKUの注目を浴びた。

だが間もなく人類抹殺を狙うスネーカーにより歴史改変され、「グラン星」の部分が「プグラシュティク(齧歯類から進化した人類の代替物)」に変えられて、幼少期をはりやまもぐおらと共に送った。長じて後、生家であるリャナン家の王権争いに巻き込まれ、功を立てるために騎士としてピュイクシーの捕獲任務に当たるが、生意気なサルどもに拘束されXXXXXを脱がされて水責めに遭った後、助けを呼んだ姉に見放される。その後姉は処刑され、そう仕向けた兄を自らの手で殺した。

この後元の世界に戻れなくなったので、人類とエウロパ人と協力して最後はユイという名の少女が全裸になってスネーカーを説得したお陰で、今度は悪魔女として転生した。この時のエンディングテーマを歌っていたのが般若で非常に般若なPVだったがそれは別の話である。姉の生まれ変わり(アスカ蘭)から監禁プレイを強要されたせいで悪魔と化した不動(岩男)潤(子)は、最後には、アスカ蘭にちんこが付いていたという驚愕の事実を聞かされ、怯んだ隙にその一物でレイプされて、神になるための踏み台にされている。その後、ラスボス形態となったアスカ蘭に超究武神覇斬を打ち込んで仕留めた。なお漫画版では「性的でない意味で」合体している。

また、性的な意味では「よろしく仮面のテーマ」「セクシーコマンドー部のテーマ」などを作曲した検閲により削除と籍を入れたが音楽性の違いから離婚している。

と言うわけで声優業は程ほどにして最近は全自動哀しみ製造に専念しているのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岩男潤子」の項目を執筆しています。


Hayami.jpg この項目「岩男潤子」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)