川越達也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
川越シェフから転送)
移動先: 案内検索
ドヤァ!

川越達也(かわごえ たつや)は、とにかくいろんな事ができる万能人間である。

本名について[編集]

一般に「川越シェフ」として親しまれているが、ニコラス・ケイジが刑事ではないのと同様に、川越シェフは料理人ではない。当然シェフでもない。つまり、「シェフ」は本名で、たぶんベネズエラかどっかの日系2世であり、「達也」は日本に帰化したときに付けた名前である。彼は、オナニーが大得意である。

ドヤ顔[編集]

ドヤ顔でかめはめ波コンテストに優勝してドヤァ!

川越シェフはドヤ顔にかけては右に出る者がいない。左に出る者もいない。何かを達成したときにはドヤ顔になるが、何もしてなくてもドヤ顔であり、いつもドヤ顔、つねにドヤ顔、デフォルトでドヤ顔である。川越シェフのドヤ顔には何とも言えない絶妙なドヤ加減が携えられており、「世界ドヤ顔コンテスト」2年連続優勝し、3年連続優勝も確実視されている。

なお、当コンテストは「世界かめはめ波コンテスト」と並び世界2大馬鹿コンテストと称され、悪ノリして合体された「世界ドヤ顔でかめはめ波を撃つコンテスト」でも川越シェフは断トツの成績で優勝を果たした。

万能人間[編集]

川越シェフはあらゆる事ができる万能人間である。インターネット上にはそのことを示す数多くの画像が出回っている。以下の画像は川越シェフができる事のほんの一部である。川越シェフの多才ぶりが確認できる。

唯一の不得意、料理[編集]

川越シェフが料理している悪質なコラ画像

前述の通り、川越シェフはあらゆる事ができる万能人間であるが、唯一、料理だけはできない。どんな万能人間にも不得意なことが1つや2つはあるということである。インターネット上ではそのことを茶化して「料理している川越シェフ」という悪質なコラージュ画像まで出回っている。当然、そのような光景はありえないため、そのような画像を見たら、まずコラ画像と思っていいだろう。

低所得者批判発言問題[編集]

天然水を利用した井戸水を汲む川越シェフ

2013年6月、川越シェフは「年収300万円、400万円の人に高級店を批判する資格はない」という趣旨の発言をして、批判が殺到した[1]。自身が運営する高級レストランについて、食べログで利用者から「800円の水はおかしい」と書かれたことを受けての発言であった。だが、この水の値段について批判するのはお門違いである。

川越シェフは、わざわざ山奥の清流付近にある天然水を利用した良質の井戸水を汲み出して、客に提供している。提供コストが高くなるのは当然のことだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川越達也」の項目を執筆しています。


Dish.png この川越達也は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)