差し戻し実験/差し戻し後

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

差し戻し実験(さしもどしじっけん)とは、アンサイクロペディアで時々起こる荒らし実験である。

概要[編集]

記事の編集履歴を見ると、「実験中」という謎の要約を見かけないだろうか?そこを見ると、変な文字列が記述したら取り消され、または記事の文章が消されては取り消されたりする。なぜこんなことが起こるのだろうか疑問に思った利用者がいるかもしれない。だが、利用者名を見ると「アぺスアルガ」とか「ルガペスアス」とか、「アスペルガー」を並び替えたような名前が表示されているのをお分かりだろうか。そう、これはアスペルガーのソックパペットと疑われる利用者の仕業である。

出現するタイミング[編集]

このソックパペットが出現するタイミングは大体1週間に3~4回くらい。アカウントを作成してはこの実験を行い、即時に無期限ブロックされる。これの繰り返し。管理者はこのソックパペットに頭を悩ませている。ひどいときには、「アスペルガー一斉保護提案」というページが作成された。

記事が荒らされた時の対処法[編集]

もし、あなたが作成した自慢の記事がアスペルガーのソックパペットに荒らされたらどうすればいいか。その時はそのままにすればいい。管理者が荒らされた記事を発見し、その記事を荒らされる前までにリバースして記事を保護してくれる。そしてソックパペットを無期限ブロックしてくれるので安心してください。

もしも早く気付いて欲しいなら、CU依頼を出して管理者にソックパペットが来ているとアピールするのもありだろう。

実験する理由とは[編集]

不明。推察すると、無期限ブロックされる理由がわからないのかもしれない。アカウント取得後「このアカウントは編集が可能なアカウントなのだろうか」と試しているのかも知れない。理由などないかもしれないし考えたくもないが。

実験された記事一覧[編集]

文章を消して差し戻すパターン[編集]

変な文字列を追加して差し戻すパターン[編集]

これ以上書くときりがないのでここらへんにしておく。

新たな手法[編集]

最近では、自分のトークページで実験をする手法が確認できるが、全て管理者によってトークページは削除される。中には自分のページに「編集50回目指しています」というコメントを残しているが全て無意味である。

関連項目[編集]

おまけ[編集]

差し戻す前の記事はこちら