常陸多賀駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「常陸多賀駅」の項目を執筆しています。

常陸多賀駅(ひたちたがえき)とは、茨城県日立市多賀町にある、常磐線の駅である。

概要[編集]

茨城県にあるごく普通の駅である。特急列車の大半が停車する。利用者は(乗り換えを無視すれば)いわき駅と同じくらいであり、そう考えると多く見えてくるから不思議である。え、見えてこない?茨城県民には多く見えるのだよ。いわき駅と違って、こっちには駅ビルも何も無いが…。

駅名について[編集]

同名の駅には令制国名を付して区別するという旧国鉄の慣例により、「常陸」の名を冠している。よって近くに温泉が有るわけでもないし、古都に繋がっているわけでもない。ちなみに多賀城の近くにあるのは多賀城駅あって多賀駅ではない。そういうわけで、字面を見れば「常陸国にあるから常陸多賀駅なんだな」とひと目で分かるわけであるが、問題はこの駅が日立駅の隣にあるということである。ちなみに場所も日立市内である。

…まあ、それでも字面を見れば分かるわけであるが、主に特急列車の車内で「日立、常陸多賀、大みか~」と停車駅を呼び流されるため(日立駅も常陸多賀駅も特急停車駅である)、もしかしたら一部の人間は「日立多賀駅」だと思っているかもしれない。しかしそれでも、日本人で間違う人は極僅かであろう。問題は、外国人である。先述の車内放送は、彼らの耳には「ヒタチ、ヒタチタガ、オーミカ」としか聞こえていない。これを聞いた外国人が「ヒタチの隣にあるからヒタチタガ」だと思うのは無理のないことである。というかほぼ間違いない。そして自分たちが乗っている電車をスーパー日立だと思っているのも、間違いない。

でもまあ、誰も気にしない

余談[編集]

日立市の南に、ひたちなか市という市がある。しかし、ひたちなか駅という駅は存在しない。ひたちなか市にある常磐線の駅は勝田駅である。元々合併前の旧称が勝田市であり、未だに変わっていないのだ。これは表向きは、駅名その他の表示を直すのに金がかかるからとか、せめて駅名だけでも旧市名を残しておきたいから等と説明されている。しかし真実はひたちなか駅にしてしまうと本当に日立那珂駅なのか常陸那珂駅なのかわからなくなってしまうからであり、将来、日立市の植民地にされることを恐れてのことである。この件があるので、素直に常陸那珂市にしておけばよかったものを…と一部のひたちなか市民は後悔しているとか、いないとか。

余談2[編集]

常磐線には、日立木駅という駅が存在する。こっちは正真正銘の日立を冠する駅である。ちなみに日立の木は日立木ではなくハワイ・オアフ島にある。また震災の影響で常磐線が分断されているため、日立駅からは電車で行くことは出来ない。というか、特に日立と関係がない。

関連項目[編集]