m(ry

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

平川 大輔(ひらかわ だいすけ 1973年6月4日 - )とは、世界一嫌われるアニメキャラを演じたことで燦然と輝く不滅の金字塔を打ち立てた男性声優である。当記事ではこの実績に基づき、以降彼のことをm(ryと表記するものとする。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平川大輔」の項目を執筆しています。

略歴[編集]

デビューまで[編集]

新潟県で生まれ、新潟明訓高等学校を卒業。大学在学中から声優オーディションを受け続け、2度目に晴れて合格し上京。バイトをしながらm(ryは勝田声優学院に潜入し、小西克幸とともに無事卒業。子供好きであるm(ryにとっては天職かも知れない中の人稼業に就くこととなった。

ブレイク以前[編集]

伊藤誠役で広くその名が知られるまでは鳴かず飛ばずであり、ウィキペディアで太字で紹介される出演作は2004年に出演した巌窟王のフランツ・デピネー男爵役までなかった。ただし、この状況はm(ry自身の演技力によるものではなく、m(ry本人は『冷徹な二枚目』『おちゃらけた三枚目』『多重人格者』など、勝田声優学院で鍛えあげられた技量でさまざまなキャラを演じることに定評があった。つまり、ブレイク以降の活躍を鑑みると、チャンスを掴むまでに時間がかかっただけであろう。

ブレイク以降[編集]

このような苦境から抜け出すきっかけとなったのが、2005年4月28日に発売されたSchool Daysであることは、当記事の読者なら百も承知であろう。m(ryの代表作である本作での伊藤誠の迫真の演技は生々しすぎて、テレビのブラウン管を叩き壊したオタクさえいるほどである。こうしてm(ryが真価を発揮するのはどうしようもなく性根の腐ったヘタレ男の役であることが判明して以降、多数の出演作に恵まれることとなった。事実、ウィキペディアで太字で紹介される作品が2005年以降から目立つようになっていることからお判りいただけよう。

暗黒時代の元凶[編集]

なお、m(ryが長らく雌伏の時を過ごしていた理由として、浪川大輔小野大輔岸尾大輔(現・岸尾だいすけ)・阪口大助郷里大輔楠大典(本名・ふくだだいすけ)など、『ダイスケ』の名を持つ声優達がすでに八面六臂の活躍をしており、ダイスケ声優が飽和状態になっていたために平川の台頭する余地がなかったのではないかと指摘する向きもある。

所属事務所について[編集]

以前の所属事務所はメディアフォースとかいうヘボい事務所であり、m(ry以外には麦人ぐらいしか著名な声優は所属していなかった[1]。そのため、事務所の力に頼ることなく実力で仕事を取ってこれる真の実力派声優であるとファンからは認識されている。

出演作品[編集]

代表作[編集]

代表作は無論School Daysの世界一嫌われるヤリチンである。他にもウィキペディアに複数の太字紹介作品があるが、そんなものの詳細はウィキペディアに任せることとしよう。

評価[編集]

なお、BLに多数出演していることから女性人気も高いが、一方で世界一嫌われているが男として共感も得られ、羨望を抱かれる傾向にもある伊藤誠を演じたことで男性人気もそこそこ高い。女性ファンからは「ひらりん」、男性ファンからは「誠死ね」の愛称で呼ばれている。後者は全然愛称じゃないように見えるかもしれないが、これは伊藤誠という救いようがない腐れ外道のキャラクターに見事合致する迫真の演技を見せ、誠の腐りきった性根を余すことなく表現してみせたm(ryに対する敬意が込められた呼称である。つまり、「誠死ね」は尊称である。

なお、アニメより吹替や18禁のほうが出演頻度が高く、とりわけ18禁作品に出演しているときのm(ryは演技が生き生きとしているともっぱらの評判である。遂には「ヤミアイカツ界」においても四つ星学園の学園長と言う嫌われキャラを幼女にすら知らしめて、嫌われキャラKingと獲得している[2]

脚注[編集]

  1. ^ その麦人も2010年に離脱。しかしながら、以降は吹替で活躍するベテランが参加、バオバブ難民の中堅実力派が漂着、さらには野沢雅子と喧嘩別れしたクララが一族郎党引き連れて合流、と一時期は大所帯になっていた……が、親会社の経営不振により2014年に倒産。以後はフリーで活動している。
  2. ^ 一方で、プライベートでは大の猫好きであり、猫かぶりである「早乙女あこ」にも(ry

関連項目[編集]


Nice boat.gif この項目「平川大輔」は、一応書いてみたんですが、あまりにもあれだったのでNice boat.
ほとぼりが冷めた頃を見計らって最終話を放送してください。 (Portal:スタブ)