平等

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

平等(へいとう)とは、ものの価値は皆同じであるという真理の一つ。用法としては『人の命は平等』など。

概要[編集]

立場における平等[編集]

例えば立場が非常に異なる(社長と平社員など)場合であっても、同じ人間なのである。警察沙汰になれば平等に扱われるし、会社が倒産すれば社長も平社員も等しく失業者の仲間入りだ。日本の江戸時代における階級制度古代エジプトの階級制度など野蛮の極みである。善良な一般人と極悪な犯罪者も、同じ人間なのだから平等に扱われるべきなのである。

人間における平等[編集]

人種が違う人間同士であっても、同じ人間なのだから差別される言われはない。白人が黒人を差別するなど論外であり、他国の植民地化ほど最低最悪な行いは他にない。日本人朝鮮人とて同じ人間なのだから、例えパチンコの利益が在日朝鮮人によって北朝鮮に送られて偉大なる将軍様飯の種になっているとしても、そんな些細なことは差別の理由になるべきではない。

世界における平等[編集]

そもそも人間とて所詮は一介の哺乳類であり、つまるところただの動物の一種でしかない。『人間は万物の霊長である』など、思い上がりも甚だしい。たかが地球食物連鎖の頂点に立っている程度でそんなことを言う辺り、人間という生物の底が知れるというものだ。人間もライオンカラスクジラも、ミミズオケラゴキブリも、皆平等に地球に生きる生物なのである。道端に生えている雑草とて、平等に生きているのである。

存在における平等[編集]

全ての存在は等しく平等に等価なのであるから、それは生物と非生物の間でも同じなのは当然のことである。地球上に存在する全ての物体には人間生物と同等の価値があるのだから、石を踏んだり土の上を歩いたりするなど言語道断である。当然空気とてそれは同じであり、空気に許可も取らずに勝手も呼吸を行って酸素を自らに取りこむなど、非人道的にも程がある。

平等について[編集]

実際、人間もただの動物であるという所までは誰もが自覚してるだろうけれど、そんなこと言ってたら人間社会は成り立ちません。人であると自覚するなら普通じぶんたちはを飼うのだと自己主張することからはじまるのだが、そんなの言ってたら動物愛護団体に寄付を迫られます。そんなの自然が許しません。

関連項目[編集]