平行棒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平行棒」の項目を執筆しています。

平行棒(へいこうぼう)は、賭博もしくは陸上競技平行棒種目で使用する器具およびそれを使った種目の名称。平行棒種目は、演技を行いながら、落ちたら死ぬような高さの平行棒の先にたどり着けたものを勝ちとする競技である。死の恐怖と闘いながらの心理戦であり、命懸けのダイナミックな演技が行われる。

別名、もしくは人間競馬。日本では(借金のカタなどで)広く行われている競技である。

概要[編集]

一般的な平行棒競技の競技場。落ちたら……死ぬっ!

一般的には高い場所、時には落ちたら確実に死ぬような地上74mの高所などでしばしば行われる。競技者は長さ25mの棒の上を進み向こう岸に着いたものを勝者とする。平行棒上は片足程度の幅しかないため、一歩間違えたら競技者は落下してしまう(このため、靴に線を描き、足を踏み出す際の目安とするプレイヤーが多いが、気休めにしかならない)。また平行棒は先に行くにつれ細くなるものを使用する場合があり、その場合は難易度がさらに上昇する。競技場によっては上空の特徴的な突風を伴うこともあり、生還はきわめて難しい。

特別なルールとして棒に手をついた場合は失格として退場になる。また高圧電流の流れる棒を使用する場合は手をついても失格にはならないが、多くの場合は電流のショックでバランスを崩し落下してしまう(この電流は競技中でもプレイヤーの要請によってオフにする事も可能であるが、主催者側のスイッチの操作が遅れて犠牲者が増える事が多い)。

競技は一般的に複数の人間で行われる。前のプレイヤーが邪魔な場合は突き落としてもかまわない。また渡るだけでクリアとするものもあるが、スピードを競うスピードラン競技の場合は「いかに前を突き落とすか、後ろに突き落とされないか」がさらに重要になる。また無事に渡り終えても、ゴールが室内の場合もあり、その場合は室内と室外の気圧差による突風を回避する方法を考えねばならない。

競技者がしばしば死亡するため競技人口は多くないが、借金で首が回らない人間を強制的に補充するため後継者問題は無い。またこの競技の観戦は上流階級に大変人気があるため、基本的には超高額所得者でなければ観戦することは難しい。しかしある程度の小金があれば、落ちても死なない程度(足の骨が折れる程度)の高さで行われる競技ならば良心的な値段設定で観戦する事が可能である。

二戦連続で勝利したものには優勝賞金として1000~2000万円ほどが支払われる(ただしいつ支払うかの指定はしていない)。

補足[編集]

なお体操競技の平行棒種目は別物である。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「賭博黙示録カイジ」の項目を執筆しています。