幼稚園児

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「幼稚園児」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「幼稚園児」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「幼稚園児」の記事を執筆しています。

幼稚園児(ようちえんじ)とは、主に幼稚園家庭等で飼育される家畜である。

概要[編集]

幼稚園児は乳児や幼児が出世したものであり、全長は100cm程度。雌雄共に非常に活発に動くが、加減を知らないため半日ほど動き続けると電池が切れたように眠り込んでしまう特性を持つ。昼行性ではあるが突然真夜中に動き出すこともある[1]。基本的に想像するパターンの斜め上を行く生き物なので、注意を怠るとひどい目にあう可能性もある。

消化器官が未熟であるため、少し食べ過ぎると度を越えた満腹になり次の食事を摂れなくなる[2]。その為飼育の際には食事間隔の調整が求められる。また自力排泄が可能ではあるが失敗することも多いので、飼育下ではそれに関する教育も行う。尚幼稚園児は動くものや音を発するものに引き寄せられる傾向があり、周囲を無視して一直線に動く。また甲高い声で鳴く為近隣住人から苦情が来ることもある。ただしその場合は大抵「幼稚園児のすることだから」と説得され近隣住人側が折れるのが常である。

用途[編集]

園児.jpg

幼稚園児は肉付きの悪さから食用にはあまり向かず、専ら愛玩に用いられる。またここから長期飼育する場合も多い。その場合は幼稚園から小学校中学校→…というように飼育場所を移動していき、最終的には「社会」という巨大な飼育所で一括管理されることになる。ある程度の期間を飼育された個体は繁殖用に回されるが、幼稚園児の場合は繁殖が行えない。無理に行った場合は動物愛護法違反で罰せられる。

ただし疑似繁殖用途で使用することは多々有り、熱烈な愛好家からは子牛や若鶏のように強く支持されている。しかしこのような使用法を嫌う層も一定数いる為、幼稚園児を使用していると公言することは歓迎されない。また中には右図のように大きく育った個体に幼稚園児に近い格好をさせ、そのまま繁殖(疑似含む)用途で使用する愛好家もいるがこれも社会的には歓迎されない。

脚注[編集]

  1. ^ 夜の夜中に突然泣きわめいた末、そのままパッタリ倒れて朝まで白河夜船ということもよくある。私の睡眠時間を返せ。
  2. ^ おやつを食べた場合も同様である。

関連項目[編集]