幽霊文字

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

幽霊文字(ゆうれいもじ)とは、幽霊がこの世の人物と交信するために書く文字である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「幽霊文字」の項目を執筆しています。

概要[編集]

人間は、この世に未練を残して死ぬと、幽霊になると、一部のオカルト信者から言われている。そうした幽霊はこの世に生きる人間たちに、生前伝えたかった、または今伝えたいメッセージを残して成仏する。ただし、幽霊は言葉をしゃべることができても、この世の人間には聞こえない。もし、聞こえたとしても夢の中だけとか、お墓の前のみなど、まどろっこしい制約条件がたくさんある。そこで幽霊たちは、この世に何かを伝えるために、文字を使って交信しようと考えたのである。それが幽霊文字の始まりである。

歴史[編集]

この文字は古代中国の遺跡にあった、書物の記述を見た研究員によって発見された。古代中国では時の権力者の命令で、呪術師たちがこの文字を使って、権力者の先祖と会話をしてこの先の国の行動を決めていたとされている。この話は中国で連綿と受け継がれてきたが、遺跡に入っていた書物によってそれが証明されたといえる。

そして、この文字は世界中の幽霊にとって英語のような扱いになっているらしく、中国人の幽霊はもちろん、アメリカだろうと、イギリスだろうと、日本であろうと、この文字がつかわれることが多い。日本独特の幽霊文字もあるそうなのだが、いまいち普及はしていないらしい。

種類[編集]

現在判明しているだけで、垉・垈・墸・壥・妛・岾・彁・恷・挧・暃・椦・橸・汢・熕・碵・穃・粐・粭・粫・糘・膤・蟐・袮・軅・鍄・閠・靹・駲・鵈と、これだけの文字が存在する。

また、粫田(うるちだ)、石橸(いしだる)、軅飛(たかとぶ)など、幽霊文字とされている字を地名に使っている地域がある。複数の歴史学者はその理由を、これらの地方には昔、呪術師や霊媒師が多く住んでいたので、このような名前が付けられたのではないかと推測している。

現在[編集]

現在幽霊文字で書かれた文章はほとんど残っていない。そのために読み方すらわからない文字もたくさんあるのだ。そのため、幽霊文字を使って幽霊と交信すると言った呪術師のほとんどはペテン師とみて問題ない。逆に万が一本物がいたとしても、だれも信用してはくれないだろう。もしも、本物がいるのであれば、読み方を教えてください。お願いします。

スラングとして[編集]

また、古代中国では当然、幽霊文字はで描かれているため、ボールペンなどよりはどうしてもふにゃふにゃした字になりがちである。そのため、ふにゃふにゃの文字や、薄くて読みにくい文字、そして力が入っておらず、結果的に悪筆・汚いとみなされる文字のことを幽霊文字と呼ぶスラングがある。そのため一般的には幽霊文字と聞こえればこちらであることが多い。語源は幽霊との交信で使う言語であるが、今そんな話をすれば後期の目で見られるのは必然である。そして、自分の文字を幽霊文字と言われたら、百パーセントいい意味ではなく、悪口・苦言のどちらかであるため、力を込めて文字を書くことができる人は、そう呼ばれないように改善の努力をしましょう。もし、何らかの理由でそれが叶わぬ人は、精一杯書いた字を幽霊文字と呼ぶ心ない人の言葉を無視する勇気を持ちましょう。

関連項目[編集]