広告代理店

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「広告代理店」の項目を執筆しています。

広告代理店(こうこくだいりてん)は、伝言ゲームの真ん中の人たち。間に入るのが複数の場合もある。 複雑な組成を見せる場合もあるが、通常は化学的なアプローチで解明が可能。

社会の中での役割[編集]

主に伝言ゲームの中間を担う。 伝言ゲームだけに、間違った情報を伝達してしまうことも多い。

言語[編集]

上流に対しては英語に近い日本語を話し、下流に対しては『納期』と『お金』というわかりやすい日本語を話す。

組成[編集]

基本式は CKS である。

  • C クライアント
  • K 広告代理店
  • S 制作会社(制作現場)

案件によっては CKKKKS など、組成が変化する。CK4S や C4KS 等と表記されることもある。当然、間のKが増えるほど伝言ゲームの変化量が大きくなる。


また、必ずしもK同士の意思疎通が出来ているとも限らず、また、仲が良いとも限らない。

伝言ゲームが電子メールによって行なわれる場合、まれにSに届いたメールをスクロールしていくとK同士のやり取りが履歴されており、敬語で激しく罵り合っていることがある。

同位体の扱い[編集]

Kには多様な同位体が存在するが、特に一部のKは特別に D や H と表記する。 この場合の組成はこのように記載する。

CDKKKS または CDK3S

一部の同位体は非常に取り扱いが厄介なため、素手で触ると火傷などを負うことがあり、注意が必要である。

触媒としての広告代理店[編集]

通常Sとして存在する制作会社にも優勢劣勢があり、案件によっては下記のようになる。

CHKKSS

この場合、Kに近いSは、限りなくKに近い性質を持つようになる。 これはSの持つ素子のうち、「やる気」や「創る喜び」がKと接するうちに「お金」や「効率」に変化するためである。

残念ながら、現在のところこの媒質としてのKの作用を防止する方法は見つかっておらず、日々多くのSがKになることを夢想して元素崩壊している。

関連項目[編集]