広有射怪鳥事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

広有射怪鳥事(ひろありけてう(けちょう)をいること)とは

  1. 太平記』巻第十二に収録されている項目、もしくはその内容である建武の新政時代の出来事
  2. シューティングゲーム東方Projectシリーズの東方妖々夢におけるステージ5ボスの魂魄妖夢戦のテーマ曲

この項では成り行き上、仕方なくあまり関連性の無い両方の同名項目について述べる。

建武の新政時代の出来事[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「以津真天」の項目を執筆しています。

広有射怪鳥事(ひろありけてう(けちょう)をいること)は太平記巻十二に収録されているエピソードである。

この出来事は後醍醐天皇足利尊氏らの協力を得て鎌倉幕府を滅ぼし、天皇の親政である建武の新政を始めた1334年(建武元年)秋に起こった。の紫宸殿(簡単に言うと天皇のオフィス、現在の京都御所内に存在)の屋根の上に怪鳥以津真天(いつまでorいつまでん)が飛来し、「いつまで!いつまで!」と叫び始めたのである。その姿は鳳凰のような巨大な鳥、今昔画図続百鬼によれば翼の生えたドラゴン状の姿(ワイバーンに近い)であり、太平記内の記述では翼長1丈6尺(4m80cm)と記述されている(ただし今昔画図続百鬼は江戸時代に作成されたため、資料なんか無しに書かれた出鱈目な姿の可能性も高い)。この大きさは世界最大のであるダチョウ(翼長2m~2m40cm)の倍以上の大きさであり、小型のプテラノドン(翼長7m)並みであるが、殿上人や都の人々がこの鳥に襲われたという記載は一切無い。この事から図体はでかいが、きわめて大人しい生き物であったと考えられる。現代なら面白ニュースとして新聞の地方欄をにぎわす程度であろう。

だが知識もない上に迷信深い当時の人々は「恐ろしい生き物だ」「あれは凶兆の凶鳥に違いない」と恐れおののいたという。そしてあの鳥を殺してしまえと短絡的な結論に至ったのであるが、問題はそんな恐ろしい生き物をどうやって殺すかであった。何せただでさえ恐ろしいのに攻撃を加えて仕留めそこなったら間違いなく襲いかかられるに決まっている。内裏内を血の海に変えないためには一撃で仕留める必要があった。すなわち超A級スナイパーの腕前が必要になったのである。

幸いにも源平争乱の前の時代に源頼政が内裏に侵入したUMAであるを射殺したという前例があり、優れた腕前の武士であれば怪鳥以津真天を殺す事も可能だと結論付けた朝廷は隠岐次郎左衛門広有に命じてこの鳥殺害を行わせ、見事に成功させたのである。広有は弓が凄く上手いという事になり褒美として「真弓」(高級な弓矢の事)という姓を頂いて、故郷の九州に帰って行った[1]。こうして都には平穏が戻ったのである。

まあせっかく取り戻した平穏も数年後に後醍醐天皇と不愉快な仲間達は足利尊氏らによって京都を追放され、南朝方としてアフガニスタンもかくやのゲリラ戦を繰り返して京都を含む日本を荒らしまわる事になるのではあるが。

以津真天の意味[編集]

一般的には「いつまで」とは戦乱やそれにともなう社会不安などで生じた死者の死体を「いつまで放置するのか」という事を警告するために現れたという説が濃厚である。しかしその後の後醍醐天皇の運命を見ればこの鳥が言いたかった事など一目瞭然であろう。すなわち「貴方が玉座に座っていられるのはいつまででしょうか?」という皮肉に他ならない。しかし後の南朝の広報活動や北朝(室町幕府)の南朝に対するツンデレ行為、大日本帝国の南朝以外は認めない論などによってその真意は隠され続けていたのである。

東方Projectの楽曲[編集]

魂魄妖夢
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東方妖々夢」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西行の娘」の項目を執筆しています。

広有射怪鳥事~Till When?(ひろありけてう(けちょう)をいること)は自機も敵も少女ばかり出てくる弾幕シューティングゲーム[2]、東方妖々夢におけるステージ5白玉楼階段でのボス戦のテーマ曲である。曲調は弾幕シューティングゲームである東方シリーズのラストステージ前ボス戦だけあり、場面を盛り上げるため、仏教の六道に由来を持つ彼女の剣術(弾幕)に負けず劣らぬ激しい音楽になっている[3]。なおTillWhenとは「いつまで」の事であり、先ほどの項目にある怪鳥以津真天とかけているいる事がわかる。この楽曲に対して製作者のZUN氏は、「強敵+幼さを曲で表現してみたつもりです。一番ボスっぽい曲かも。」「このサビのメロディは妖怪を彷彿させます。」とこの曲に有る程度、自信を持っている事がわかる[4]

しかしこの名前については疑問が湧くのである。このテーマを持つ半人半霊の少女魂魄妖夢と先ほどの隠岐次郎左衛門とは一切関係が無く、また彼女の主人であるラストボス西行寺幽々子とも設定上の関連は無い。少々ネタばれになってしまうが、幽々子は史実においての西行の娘(1137年- 1199年、西行法師の娘)であり、これまた広有の時代とはかけ離れており、無関係であることが分かる。では何故「広有射怪鳥事」の名前をつけているのだろうか?

答えは魂魄妖夢の持つスペルカード[5]にある。彼女の剣術をテーマにした弾幕は激しいのみならず極めてトリッキーであり、ここまでノーマルモードの難易度をクリアしてきたがまだまだパターンを瞬時に判断しきれない初心者・脱初心者にとってはつらい攻撃も多く、ボム[6]を使用しての対処を迫られる場面が多々ある。事実、有る程度の技量以下のプレイヤーの場合は彼女のスペルカードにおけるいくつかのシチュエーションにおいて決めボム[7]が推奨されており、獄界剣「二百由旬の一閃」などは追い詰められそうな時は早めにボムを心がける事が安全に進めるコツである[8]。しかしここまで進んできたプレイヤーは多少の腕はあると考えているだろうし、またこの後にステージ6での長いラスボス戦が控えているなどプレイヤーは使用回数の限られているボムを温存したいと思うのが人情である。しかも彼女は弾幕のスピードを一瞬遅くするエフェクトを使用するためにプレイヤーに「ボムを使わずによけられるかも?」と欲張らせる心理的なを仕掛けてくる。結果、ボムを持ったままダメージを受け[9](ボムを使用せずに被弾するとその時に持っていたボムは無駄になる[10])、余計に不利になってしまい、結果としてラストステージでの長期戦においてボムが足りずにワンコインクリア失敗という憂き目にあうのである。

つまりここでの「いつまで」とは「君のようなヘタレな腕前ではいつまでたってもこの楔弾の嵐は抜けられないよ?いつまでボムを使わずに頑張るつもりなの?馬鹿なの?死ぬの?」というZUN氏からプレイヤーへの熱いメッセージの意味であり、名前の由来になったものである。

別の意味で言うと、アレンジ曲が多数あり、新規参入者にとってはなかなか原曲にたどり着けず、原曲を探し続けて「いつまで探せばいいの!」と、つぶやくようにもなっている[11][12][13][14]

参照[編集]

  1. ^ 外部リンク参照。なお阪神タイガースの真弓選手のウェブサイトであり、彼は次郎左衛門の子孫でもある。
  2. ^ 比較的多数の敵弾を避ける事にゲーム性を置いたシューティングゲームの事。
  3. ^ ただし東方シリーズの難易度の高い弾幕でもアーケードシューティングゲームのそれに比べるとかなり難易度は低く抑えてある。
  4. ^ 東方妖々夢音楽モード(妖々音楽室)より
  5. ^ 敵キャラクターが使用してくる弾幕のパターン。
  6. ^ 回数制限が有るが、一定時間無敵になり緊急回避を行いながら強力な攻撃を仕掛けるもの
  7. ^ 特定の局面でボムを使用する事をあらかじめ決めておく事
  8. ^ 東方Project攻略Wikiおよび個人的な感想より。
  9. ^ これをその手の人達の業界用語でピチュると表現する。ゲーム中の被弾時の効果音より命名された。
  10. ^ これを抱え落ちという。一般的に抱え落ちを減らす事が上達への近道といわれる。
  11. ^ "【東方アレンジ】広有射怪鳥事~Till When?MHCRemix【東方妖々夢】". コワレミク (2014年9月5日). 2018年6月12日閲覧。
  12. ^ "【東方アレンジ】Demetori - 広有射怪鳥事 ~ Till When?". HeartfulRemi (2015年8月14日). 2018年6月12日閲覧。
  13. ^ "東方 Touhou Metal/Techno 75". ChaosAngel (2010年12月3日). 2018年6月12日閲覧。
  14. ^ "【Touhou -東方- Project Orchestra Arranged】VS 魂魄妖夢【広有射怪鳥事 ~ Till When?】". ぬるはち (2013年11月16日). 2018年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]

リンクの名前