広末涼子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「末広亭っていやーよく高座にあがらせてもらったもんだ」
広末涼子 について、三遊亭円楽
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「広末涼子」の項目を執筆しています。

広末 涼子(ひろすえ りょうこ、1980年7月18日 - )は、男運の悪い女優アイドル。年配の人には「末広」と間違えられることが多い。RHと略される。

人物[編集]

「せーのだんごー」で有名なダンゴ3姉妹としてデビューが、ほかの2人は現在行方不明である。後にだんご三兄弟がヒットすると「元祖は私」と主張することを画策するがほかの2人が行方不明のため断念。

若いころは奇行が多くヘビードーズのスカトロジャンキーとして有名だった。

『20世紀ノスタルジア』でオタクの心をつかみ、『秘密』では伝説の「口でしてあげようか」という台詞で心と下半身に衝撃を与えた。しかし『ゼロの焦点』ではもっとすごいらしい

タモリ大橋巨泉石田純一小室哲哉室井滋宇津井健ラサール石井上田晋也永六輔風間杜夫らのように早稲田大学を途中でやめるほうが芸能界で成功するため、早稲田に正門以外から入り、途中で抜け出し芸能人としてキャリアを上げた。

映画「鉄道員」では高倉健との共演を果たし、映画「ワサビ」ではジャン・レノと共演する。出演した映画「おくりびと」はアカデミー賞を受賞するなど女優として成功している部類である。が、テレビドラマではいまいちぱっとしない。

恋する5秒前が分かる特殊能力を持つ。あるいは感情をコントロールできる。

男運[編集]

とにかく付き合う男すべてがダメ男で、だめんずうぉーかーを地で行く女優である。ジャンキーになったのも付き合った男によるところが多いとされる。 2003年できちゃった婚で結婚し、後に子供をもうけるが、相手は「自称○○」な怪しげな男であった。

しかし、これまでのことを反省し、怪しげな男との離婚した後は運気が徐々に上昇しているといわれる

広末基準[編集]

アイドルや女優などの美少女度を広末涼子を基準として表す手法。特にショートカット、ボーイッシュな女性に用いられる。広末クライテリオンとも言われる。以下に特徴的な評価段階を示す

  • 広末似
    ショートカットにしている
  • ポスト広末
    まあまあかわいい
  • 広末を超えた
    かわいいけど広末ほどではない

原器である広末本人の劣化が懸念されるため、新たな原器となる人材を模索している。たとえば新垣結衣川島海荷などである。しかし、「ベクトルが違う」、「長さを重さで測るようなもの」との反対意見も多いため難航している。そのため、過去の画像、たとえばドコモのCMなどを基準にする動きもある。

エピソード[編集]

  • 藤川球児と同級生だったが、非常に仲が悪かったことで知られている。ちなみに、「なっちゃん」の初期のCMでなっちゃん(田中麗奈)が高校野球で活躍する同級生にひそかに声援を贈るバージョンがあるが、広末と球児の不仲を皮肉って製作されたことは言うまでもない。
  • 1997年に発表された楽曲「MajiでKoiする5秒前」は、彼女のスカトロジャンキー時代に「マジで屁が出る、5秒前!」と言ったことにインスパイアされて作られたものである。さすがにそのままの内容ではアイドル女優のイメージにふさわしくないため、恋の予感を感じさせるものにアレンジされたことが功を奏し若者の間でヒットする。
  • 早稲田大学在学中にアーン♥♥して不本意にも妊娠したため、大学を中退した経験をもつ。その後、大学に進学する芸能人は「大学に入学しても広末みたいに中退するんじゃね?」と思われるようになってしまい、大学内での居場所に困るようになった。
  • あるとき芸能界に嫌気がさして「一気に太ればオファーが来なくなってフェードアウトできるんじゃね?」と思い、15㎏も太ったが、元々が極端な痩せ型だったので作戦に失敗した。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「広末涼子」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)