府中駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

府中駅とは、東京都府中市にある京王電鉄京王線JR西日本福塩線JR四国徳島線の駅である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「府中駅」の項目を執筆しています。

概要[編集]

関東地方であるにもかかわらず、JR西日本とJR四国の路線が通っているという不思議な駅である。ついでに言うとJR四国は「こう」という同じ駅で同じ字でありながら読み仮名が異なるというこれまた不思議な駅である。関東から西日本方面へのワープゲートとして重要な役割を果たしているが、ワープ先はどれも微妙な位置に存在しているため微妙に使い勝手が悪く、それほど利用者はいない。最初にワープゲートが開いたのは1899年のことであり、当初は徳島線のみの運行であった。その後福塩線、京王線の順に路線が開通し現在に至っている。なお、京王線は当初このワープゲートへのアクセス手段として建設されたものであったが、思いの外利用されなかったために苦肉の策として八王子直通を行ったという逸話が残っている。

JR東日本はこのワープゲートの存在に対し比較的友好的であり、1944年に府中本町駅を所有していた南武鉄道を当時の国鉄が買収し、南武線となった当初から連絡運輸を実施している。

駅構造[編集]

京王線が2面4線、福塩線が2面4線、徳島線が1面2線の計3面9線を有する関東でも有数の巨大駅である。京王線のみ三層構造の高架駅でその他は地上駅となっているが、両端にワープゲートが設置されているため構内はそれほど広くなく、一般的な中規模駅と同等の規模に抑えられている。 京王線は、電化されているが、徳島線は、非電化である。福塩線は、当駅が電化、非電化の境界駅となっている。

京王線改札のみSuica・PASMO等のICカードの利用が可能である。そのほかの路線はICカード対応どころかそもそも自動改札ですらなく、徳島線改札に至っては無人である。乗り換えの際には注意が必要である。

そのほかの路線[編集]

1951年に天橋立ケーブルカーへのワープゲートが開き、天下に名高い天橋立の絶景を関東からわずか5分足らずで拝むことが出来るようになったが、あまりにも知名度が低すぎて誰も気にしていない。

また、直近では2006年に日本初の国際鉄道路線として台湾の台北捷運板橋線および土城線へのワープゲートが開いたが、出入国審査の窓口整備が遅れに遅れており、本格開業は未だ果たされていない。これらが開業した暁には、府中駅を有する府中市は国際都市として飛躍的な発展を遂げることになるだろう。

関連項目[編集]