度量衡

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「度量衡」の項目を執筆しています。

度量衡(どりょうこう)とは、中国の戦国時代に存在したとされるの三国の総称である。

概要[編集]

中国の戦国時代といえば、秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓といった有力国(戦国の七雄)が勃興して互いに覇権を争った時代であり、最終的に、その中で法治主義を取り入れた北方のが強大になり、他の6ヵ国を次々と滅ぼして中国を統一した、というのが一般的な認識である。そのような認識の下では、度・量・衡といった国々について触れられることは全く無く、仮に存在したとしても戦国の七雄の足元にも及ばない小国であったと考えられている。

しかし一方で、中国を統一した秦の始皇帝はしばしば度量衡を統一したと記されることがある。これは始皇帝以前の中国が、戦国の七雄ではなく、度・量・衡の三国によって支配されていたという、通説と全く異なる歴史の存在を示すものである。驚くべきことに、このことは日本の世界史の教科書にも掲載されており、戦国時代は実は度・量・衡による三国鼎立の時代であったという認識が、史実に沿ったものであるとして教えられている。しかしながら、この三国について具体的に記した史料は存在せず、秦の始皇帝がどこから出てきて、どのようにして三国を統一したのかも判然としない等、この説は多くの問題を抱えており、このような異端の学説を史実として教科書に乗せてしまって良いのか、という批判の声が絶えない。

日本[編集]

日本では、豊臣秀吉が「度量衡を統一」したと書かれることがある。これは秀吉が、島津・北条・伊達の3大名(徳川・島津・北条とも)を度・量・衡の三国に見立て、これらを屈服させた自分を、秦の始皇帝になぞらえたものである。このように秀吉は中国への憧れが強かったため、後に本当の度量衡を統一すべく国へ攻め入ろうとしたものの失敗し、その結果、豊臣家は秦皇帝と同じく2代のうちに滅亡してしまった。

関連項目[編集]