弟子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「弟子」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「師弟」の項目を執筆しています。

弟子(でし)とは、芸術建築料理格闘技などの様々な分野で功績を上げた、洋の東西や時代を超越して存在する偉大な思想家である。

概要[編集]

古代中国において、李耳という思想家と、李耳に従事したとされる子孔という人物がいた。中国においては、このような従事の関係をおくとき「入門する」と言い、また義理の親子関係でもある「師匠と門弟」という関係が結ばれた。師匠と門弟は互いを高みに登らせるために、時には互いのをぶつけ合い、そして子の成長を親が喜ぶ、ということが日常的に行われたとされる。

この二人は特に理想の師弟関係であったとされ、その栄誉を称えるために、李耳に対しては先生という意味合いを持つ「老」に尊称の意味合いを持つ「子」を付けて老子と呼び、また子孔のことは門弟の意味合いを持つ「弟」に尊称を付けて弟子と呼ぶようになった。

但し、この話は「子孔を老子に結びつけることで、互いに偉大で正当性のある思想家であったかのように捏造したものであり眉唾である」とする主張が勃発し、子孔のことを単独で孔先生、つまり孔子と呼ぶようになったという後日談もあるが、このことに対して挫折と深い絶望を味わった子孔は、生前没後を問わず様々な時代・場所の人物に憑依する事で、数々の弟子の座を獲得するようになった。

例えば古代ギリシャでは、ソクラテスに従事したプラトンや、そのプラトンに従事したアリストテレスも、後世になって弟子と呼ばれるようになった。子孔が時にプラトンに憑依し、時にアリストテレスにも憑依することで、洋の東西や時代をも超越した存在になった瞬間である。

また自分の子孫や武芸の兵法書の作者でもある孫家などにも度々憑依したりする事もあった。

弟子の上げた有名な業績の数々[編集]

例えば古代イスラエルのイエス・キリストには13人の主要な弟子が居たが、これらの弟子やその又弟子達によって編集された聖書などは、作成されてから現在までに約2000年もの年月が経過しているが、今なお全世界でのトップセラーを維持する書物である。これは弟子の業績であると言えよう。

また、先に述べたソクラテス・プラトン・アリストテレスはギリシャの三哲として特に有名であるが、これはプラトンやアリストテレスがソクラテスに負けず劣らずの才能を持っていた事が何よりの業績であり、これは弟子の業績と言えよう。

このように、偉大な業績を残した人間にはそれを強力に支える、時に師匠と同じ方向性での才能に恵まれたり、或いは異なる才能として文筆や写本などの才能があるなどし、後世にまでその名声を残す事に成功した頭の利く弟子が居たから、数千年経ってもその名を轟かせる事ができるのである。

子孔の才能たるや、恐ろしい物である。

関連項目[編集]

この項目「弟子」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)