張本人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

張本 人(はりもと にん)(1945年8月15日~)は日本で最も有名な在日韓国人。本名は張 人(チャン・ニン)。

経歴[編集]

人物[編集]

少年時代より、近所では評判の家族思いの子であった。下着泥棒で捕まったときには、一緒にジョギングをしていたと言って父の無実を証明した[1]。妹の保育園の友達が行方不明になった時は、誰よりも熱心に近所を捜しまわっていたと言われている。[2]。また、兄の恋人が電車内で痴漢にあった時は、偶然乗り合わせていた彼が犯人と思しき男性をホームに引きずりおろして駅員に引き渡す[3]など、正義感も強い。

高校時代には、万引きした友人をかばって警察に補導された[4]り、妊娠を苦に自殺した同級生[5]の告別式では同級生代表として涙をこらえて別れの挨拶をするなど、信望も厚かった。

就職後も、社内のマドンナが数人のガラの悪い男たちに絡まれているところを助けに入り[6]、それをきっかけにマドンナとの交際を開始。仕事面でも、重要な資料を紛失した同僚[7]をフォローするなど、その働きぶりが評価されていた。マドンナの心変わりによって失恋[8]したものの、重役の娘との縁談を勧められ、結婚

結婚後もすぐに娘が生まれ、公私ともに順調であったが、ある時出張から帰宅[9]すると、妻と娘が血の海の中で横たわっていた。犯人はいまだ捕まっていない[10]が、ショックに耐え気丈に振る舞う張本人の姿は人々の涙を誘った。その直後に労組委員長に就任[11]

会社による自民党への迂回献金が問題となり、労組委員長として経営陣の責任を追求していた張本人は、その過程において自民党有力議員との間に人脈を形成。その有力議員が女性スキャンダル[12]で政界引退を余儀なくされると、突然その地盤をひきつぐ形で立候補し、見事当選を果たした。

好物はカステラと牛乳。趣味は玉入れである。

著書[編集]

  • 「私のイグノーベル賞ドタバタ日記」
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集]

  1. ^ その後、張本人が袋いっぱいの何かを河原で燃やしている姿が目撃されている
  2. ^ 行方不明になった子が発見された時、「おにいちゃんに『面白いことしてあそぼう』と言われた」と言ったという。
  3. ^ のちにこの男性は起訴されるが、男性と被害者との間には張本人がいたために犯行が不可能であることが証明され、無罪が確定した。
  4. ^ この友人は裕福な優等生で、有名大学の推薦が決まっていた。彼の貯金から数日後高額の引き出しがあったが、使途は不明。
  5. ^ 張本人そっくりの男と盛り場をうろついている姿がよく目撃されていた。
  6. ^ その男たちは偶然にも張本人の中学時代の同級生であった。また彼らはそれからしばらくの間妙に金回りがよかったという。
  7. ^ 前日、張本人が彼の机の周りで探し物をしていたという警備員の目撃情報があった。
  8. ^ ちなみにマドンナの新恋人は、偶然にも張本人が高校時代に万引きをかばった例の優等生である。
  9. ^ 会社の規定では新幹線を利用することになっているが、クレジットカードで航空券を購入している記録が残っていた。
  10. ^ 部屋の中には家族以外の指紋は発見されなかった。
  11. ^ 前任者の組合費横領が匿名電話により密告され、解任されたことによる。ちなみに発覚した使途不明金の額は、前委員長が横領を認めた額の約2倍であり、その差額については前委員長の関与は薄いのではないかと言われている。
  12. ^ 娘ほどの年齢の女性を妊娠させたというもの。偶然にもこの女性は張本人が少年時代に一時行方不明となっていた妹の幼馴染みであった。

関連項目[編集]