張栩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「張栩」の項目を執筆しています。

張栩(ちょうう)は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士台湾台北市出身。林海峰九段門下。

棋風[編集]

地に辛いとして知られるが、最近は手厚い棋風もこなす。コウに強い。早見えで読みが深く、攻め合いや死活にも強い。目算も得意でヨセにも強い。まあぶっちゃけ全部強い。

盤上の死刑執行人[編集]

近年は囲碁棋士が対局に臨む際はスーツ姿であるのが普通だが、張栩は常に黒または灰色のシャツとネクタイを着用し、全身を黒系統の色に統一する。これは、囲碁で相手を精神的に殺し、対局の場を葬儀の場とするという張栩の意思が込められている。その鋭い手筋で一方的に攻められ盤上に打ち伏せられた対局相手から、張栩はいつしか「盤上の死刑執行人」と呼ばれるようになった。張栩が去ったあとの対局室は、まるで鎮魂歌が聞こえるような雰囲気であると言われている。

本因坊カップル[編集]

2004年に、かねてから交際をしていた女流棋士の小林泉美と結婚した。結婚時には張が本因坊を、小林が女流本因坊を保持していたことから「本因坊カップル」と称された。結婚前、デートの際に張栩は小林に自作の詰碁問題を出しては解かせてばかりだったという。おそらく妻としての女性が欲しかったのではなく、単に趣味の自作詰碁を解いてくれる人が欲しかっただけだと思われる。

最大の敵・花粉[編集]

張栩は2009年に前人未到の七大タイトル中の五冠同時保持を達成し、もはや国内では敵無しと思われたが、そんな張栩の最大の敵は「花粉」であった。花粉症である張栩は花粉が飛び交う春頃は成績が落ちるため、その日の対戦相手が誰かというよりも、花粉情報のほうが重要であったという。

外部リンク[編集]