彩鳳乗龍

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「彩鳳乗龍」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

彩鳳乗龍(さいほうじょうりゅう)とは、生命の躍動を感じる姿である。

概要[編集]

空をも染め上げるような美しい鳳凰が羽を振り上げ、気高い覇者の如く偉容を誇るの上へと舞い降りた姿が「彩鳳乗龍」であり、すべての生命の中でも最も美しく素晴らしい姿とされている。同じような言葉として「飛龍乗雲」があるが、これは英傑がその才を発揮し高く高く上り詰める姿を謳ったもので意味合いは異なる。

見目麗しく輝く鳳凰と強く逞しい龍の組み合わせは古代中国においては定番の組み合わせであり[1]、様々な縁起物に使われている。しかしその場合は大抵両者は並び立っており、両者が重なりあう事は少ない。これは鳳凰を天に見立てる場合は龍が海の象徴となるなど対比として使われる為であり、彩鳳乗龍は春蘭秋菊の如く[2]「この世に無いもの」「あり得ないもの」とされてしまう事もある。しかし、だからこそ彩鳳乗龍は人々にとって憧れとなり、一目拝みたいと思う者は後を絶たない。

現代の用法[編集]

素晴らしい姿を褒め称える彩鳳乗龍だが、現代では夫婦恋人を称える言葉としても用いられる。肌を色付かせて鮮やかに輝く女性と力強く逞しい男性をそれぞれ鳳凰と龍に例えたその語句は、絶対佳人と国士無双の組み合わせのように愛し合う二人への最高の賛辞となる。

もしも身近にそういった硬い絆を確かめあった者同士がいたならば、是非とも「まさに彩鳳乗龍」と讃えよう。もしかしたら日本では理解されにくいかもしれないが、その後真意を知ったならばきっと貴方の祝意も伝わるだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 日本で言うと「白砂青松」や「月に雁」「牛肉と馬鈴薯」などのようなものである。
  2. ^ 春の蘭と秋の菊は共には咲かない、と無粋を云う人が多いのである。嘆かわしい。

関連項目[編集]

もしかして: だいしゅきホールド

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第37回執筆コンテストに出品されました。