後藤光尊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「後藤光尊」の項目を執筆しています。

後藤 光尊(ごとう みつたか、1978年7月27日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する、プロ野球界における忍者兼飛ばし屋である。それも、あの落合博満と同じ秋田県出身というのだから、ちょっとした驚き。

概要[編集]

プロ入り前[編集]

  • 中学校時代には、何を血迷ったのか野球ラグビーを兼部してしまう。←多分、責任感があるのだろう。
  • 進学校の秋田高等学校へ普通に入学してしまう。しかし投手として、選抜の甲子園に出場してしまう。
  • その後、法政大学に入学。ところが野球部に入部早々ついつい忍術を使っちゃった為に、先輩投手から本塁打を打ってしまう。そして、その先輩にいじめられて野球部を退部、大学も中退してしまった。
  • その後は、社会人野球の川崎製鉄千葉に潜入。忍者活動に勤しむも、発覚。同社の野球部に捕らわれると、同部の忍者としての働きを求められた。その為、どこかで習得した忍者の技を使いながら活躍した。

プロ入り後[編集]

  • 変わり身の術を駆使して、内野の全守備位置を務め上げた御褒美に、入団3年目から背番号1をもらった。
  • 2007年シーズンからは気まぐれ外人監督の就任に伴い、せっかく勝ち取った背番号1を新監督に奪われ、渋々24に変更した。
  • 2008年の序盤に監督が辞任逃亡し背番号1は空き番号と成ったため、2009年から背番号1を再び着用した。
  • 2010年シーズンから新監督に就任したどんでんからは、3番起用プランを明かされている。
  • 2011年シーズンはなんと打率3割を記録。

人物[編集]

  • ヒッティング・マーチを2パターン(汎用・屋外用)も用意されているほどファンからの受けは良い。屋外用は「場外越える」と歌詞に入っているためドーム球場では演奏されないが、場外ホームランが出る西武ドームでは(ry

脚注[編集]

  1. ^ もっとも、同期は14人。ちょっとした入学式のような入団発表会見であった。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「後藤光尊」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)