徒歩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

徒歩(とほ)とは、株式会社徒歩によって運行されている交通システムである。

概要[編集]

株式会社徒歩によって運行されており、日本どころか世界全国殆どの地域を網羅している。また、タクシーと違い待つことなくすぐに移動を開始することができるなど、汎用性に富んでいることが特徴である。更に交通機関としては異例の運賃タダを実現している。

近年では鉄道どこでもドアなど他の交通機関にシェアを奪われつつあるが、それでも圧倒的なシェアを保っている。

利用方法[編集]

今更書く必要もないほど市民の足となっているが、一応書いておく。

徒歩は全てテレパシーによって利用者の要望に答えるシステムとなっているため、タクシーのように電話で呼んだり、電車のように待つ必要も無い。運転は自分が行い、目的地までのルートは利用者が決めなければならないため注意が必要である。道がわからない場合は地図を事前に用意したり、NAVITIMEを召喚するなどの対策をたてておく必要がある。できれば所要時間も計算しておくとよいだろう。所要時間の調べ方は市販の地図を利用する他、キョリ測などが便利である。

所要時間の計算の仕方は会社によって決められており、分速80メートルで計算することになっている。が、チェ・ホンマンなどのおっきな人や教育された軍隊の場合は多分、分速100メートルくらいで歩けるだろう。

なお、周囲の安全確認も自らがする必要があるので、上を向いて歩いたり眠ったまま歩いたりすると事故が発生するので注意しなければならない。

利用の制限[編集]

基本的には誰でも利用できるが、例外もあるので注意が必要となる。

幼児や小さな子供
保護者同伴で利用可能となる。子供は周囲の安全確認が十分でないことがあるためとされている。
脚が不自由な人
基本的に利用できない。車椅子を利用することで一応利用可能だが、通行できる場所が制限されるなど、条件がある。
魚には脚が無いので、利用できない。ごく少数だが脚を持ち歩ける魚がいるらしい。
人魚
海の魔女と契約をし、声と引き換えに尻尾を人間の足を変えれば利用することができる。大抵は魔女との契約に制限が付くため、ご利用は計画的に

通行場所の制限[編集]

基本的にどこでも通行できる便利な交通システムであるが、これにも例外がある。

高速道路など
車が物凄い速度ですっ飛ばして走っている関係上、非常に危険である。
他人の敷地
いくら汎用性があるとはいえ、人の敷地を通る際は許可を取らなければならない。
ここは船か水泳で通行することになる。高速で脚を回転させることにより利用できるとの情報もあるが、噂の域を出ない。
線路
鉄道の独擅場なので通行できない。ただし、田舎の鉄道路線や江ノ電では黙認されている。

欠点[編集]

以上のように非常に汎用性に富んだ交通システムであるが、唯一速度が非常に遅いという欠点がある。通常、時速4km/h程度しか速度を出せないので長距離の移動には向かない。そういうときは適宜に鉄道、車、タケコプターなどを使うのが望ましい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徒歩」の項目を執筆しています。
この項目「徒歩」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)