御茶ノ水

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
技、御茶ノ水

御茶ノ水(おちゃのみず)とは大きく分けて2つの意味に分けられる。

  1. お茶を入れる。右図の技を指すのが一般的である。
  2. 日本都市東京都文京区に存在する。この技を好んだ人々が集まった地域を御茶ノ水集落と呼ぶようになったのが由来。千代田区秋葉原と隣接。
  3. 文部科学省直属の天才科学者のこと。

この項目では2の内容について説明しない。

起源[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「御茶ノ水」の項目を執筆しています。

御茶ノ水の起源は、中国における書写の達人が身につけていた暗筆術「御茶水」に由来するという説が一般的である。達人は客を呼ぶときに、常に携帯している筆で紙に現代の御茶ノ水のような図を書き客をもてあました。この「御茶水」が当時中国に来訪していた日本人の目に止まり日本に持ち込まれた。ところが日本人はこれを図に描く技としては評価せず、お茶を入れる状況を評価してしまった。それで技・御茶ノ水は誕生したのである。

これによって、前途のように技・御茶ノ水を好んだ人々が集まった地域を、御茶ノ水集落と呼ぶようになった。これは江戸時代中頃から続いているようで、約350年ほどの歴史を誇ることとなる。

このことが現在、店が客が来た際に水を出すことが常識となっているのは、中国の「御茶水」に由来することは言うまでもない。

戦争[編集]

明治維新のころか、御茶ノ水で戦争が起きたときがあった。戦争中、反政府軍特殊部隊が江戸城攻略に一手間焼いていたとき、反政府軍は御茶ノ水の地に陣を敷いた。例年より一ヶ月遅く雨季が始まった日本では、反政府軍をはじめとする日本各地では深刻な水不足を強いられた。また、当時の政府は慢性な首都の水不足を理由に日本各地から水を巻き上げた。(これが戦争の原因ともいわれるが、原因は他にあるようだ)反政府軍が御茶ノ水の地に陣を敷いたのには、お茶を飲みたい、お茶のでもいいから飲みたいと言う理由があった。

当時、御茶ノ水の地には茶店が多かった。これは、土地の名前に負けないような活動をせよという政府の方針であったといわれる。珍しく人の集まった御茶ノ水にはこのとき、店ごとによるお茶の提供戦争始まろうとしていた。

戦争は激戦であったと言われる。しかし、戦争は一週間経たぬうちに終わってしまった。雨季が来たのだった。

雨季の到来によって、湿気でじめじめすることを嫌った江戸城は2日足らずで開城し、反政府軍の攻撃は成功。江戸城から引き出された大量のによって反政府軍はを恐れることがなくなり、御茶ノ水での激戦も幕を閉じたのであった。

研究[編集]

御茶ノ水は明治時代から研究者の間で真剣に議論されてきたが、21世紀に入った近年頃から命題はより絞られていき、ついには以下のようにまで絞られた。

御茶ノ水には、日本人を(    )する効果がある。

以下のような意見が発表されているようだ

  • 御茶ノ水には、日本人を(ツンデレに)する効果がある。

など

補足[編集]

北海道にも「御茶ノ水」という地名がある。 これは「地面を掘っていたら何か茶色い水が出てきたんだけど」という、とある屯田兵のツィートに由来する。



関連項目[編集]