徳島弁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「阿波弁」の項目を執筆しています。

徳島弁(とくしまべん)は、古くそのルーツを平安貴族のはやり言葉に見ることができる、由緒正しき方言とされている。これは源平の戦いに敗れ、秘境祖谷に敗走した平家にルーツを発すると勘違いしている県民が多いため。

祖谷での現状[編集]

しかし、現に祖谷地方の三好市民は「~でおじゃる」とか「~してたもれ」などど、麻呂言葉が日常的に使われており、あながち否定できない面はある。だが、決してよそ者にはこの言葉を使うことは無い。なぜなら彼らは「平家の落人」であり、麻呂言葉を使ってしまうと正体がばれてしまうので非常に警戒心が強い。彼らは代々「よそ者を見たら源氏の追っ手と思え」との教えを受け継いでおり、県外人は容易にこれらの方言を耳にすることができないであろう。

特徴[編集]

徳島弁では「はひふへほ系」を多用するパターンが多く「あ~そうなの」という肯定の意味を「あ~ほうで」「あ~ほうなん」と発音するため、しばしば関西人をムカつかせる事がある。その上、疲れた意味の「しんどい」を「せこい」なとど言ってしまうため、大阪人を激怒させることになりかねない。にもかかわらず徳島県民は徳島弁をしゃべっているという自覚が欠落しているため、関西人からはかなり嫌われている。

南部での使用[編集]

一方徳島県南部に行くと「かきくけこ系」が使われるようになり、「あ~そうなの」という肯定の意味を「ほぅ~け~」と発音するため、県外人は赤面してしまう事がある。最悪の表現パターンとしては、「そうなの? 私も仲間に入れて」という意味が「ほぅ~け~。私も中にはめて~」となってしまうため、特に若い女性が言うと、大変なことになってしまうので注意が必要である。

四国放送[編集]

このような状況に危機感を抱いた四国放送は、徳島に引っ越してきた県外人のため、あるいは方言という事に自覚が無い徳島県民のために、徳島の朝の名物番組である「おはようとくしま」で「仙波教授の阿波弁講座」という通信教育を開始した。独自放送を持たない徳島のテレビ企画にあってこの内容は、大きな衝撃を持って受け止められ、今や徳島弁のバイブルとしてのステータスを確立している。

「仙波教授」とは、徳島大学の言語学の教授であり、その飄々とした語り口から「徳島のオバ様キラー」として評価が高い。本人曰く「本来は理系」であるが、大学時代に女子高生にうつつをぬかしたため道を誤ってしまったようだ。