徳川経広

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この人がマフィアタヌキの先祖…か~
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「徳川経広」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

徳川 経広(とくがわ つねひろ、生没年未詳)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将である。通称は三郎。別称は「世良田経広」。子は徳川有親(在親)。妻は朝谷義秋(朝谷頼美の曾孫)の娘。

この人物の文献は少ないが、江戸時代中期の尾っ張の国の文学者・天野源蔵(信景)の『浪合記』の註に引く『鑁阿寺新田足利両家系図』(上野国にある新田氏根本文献)にその名があるという。

それによると、源氏の血を引く新田氏の一族で、父の名は徳川義政で、先祖は新田義重(上西入道)と傀儡子遊女源範頼の例がある)との間に生まれた徳川義光(昌尊斎)だという。この義光の通称は次郎三郎といわれ、一時的に「世良田次郎三郎」と称したことがあるという(新田次郎&隆慶一郎の説)。

先祖の義光は父の義重から疎まれて私生児扱いにされて、領土も与えられなかった。これをきいた征夷大将軍源頼朝が憐れんで、義光の異母弟の世良田義季(得川四郎義秀)に頼んで、世良田郷得川村の一部を与えさせた、さらに頼朝の温情で御家人の端っこに加えられたという(「徳川」というのは「得川」の当て字が由来とする)。

義光の子が義在(義有)で、義在の子が長氏(有氏)で、長氏の子が重氏(家氏)で、家氏の子が義政で、義政の子が経広である。つまり、経広は次郎三郎義光の六世の孫に当たるのである。

義貞の郎党として…[編集]

彼の生年はあきらかではないが、惣領家の新田義貞より数歳年上と思われる。若くして相撲人として義貞に近侍し、義貞の鎌倉大番役京都大番役に随伴した。当地で坊主になっていた護良親王(当時は天台座主・尊雲法親王、後醍醐天皇の庶長子)一行の「比叡山公達愚連隊」と遭遇して、喧嘩を売られたのである。ところが親王に近侍していた楠木正成(楠正成)が「あいや~待った、待った!ここは相撲で勝負されたらよろしいかと思いますが」と調停に入った。

親王もニヤリとして「よし、俺の方からは赤松則祐円心則村の三男)を出そう。お前らは誰を出すんだ?」とお得意の挑発をした。

そこで義貞は一族の経広に「よし!経広、お前が出ろ。ただし、相手は大塔宮(護良親王)の侍従だ。けつして無作法はするな!」と叫んだ。

ここで経広と則祐の名勝負のバトルが始まった。最初は則祐が有利だったが、コツをつかんでいる経広が巧みに則祐を叩き落としたのである。ヤンキーな坊主たちは「イカサマだ!今のは反則だろう」とブーイングを起こした。これをみた親王は「いや、これは野見宿禰も認めた相撲の基本的な作法だ。別に問題はない。さすがだな…」と言って、褒めた。こうして義貞は親王の配下となったのである。

その後、同族の足利尊氏と連携した義貞に従軍し、一族の世良田弥次郎政義(次郎四郎満義の子、四郎義季の六世孫)の副将(部隊長)として、1333年7月に北条高時ニートしている鎌倉幕府がある東相模に討伐して、手柄を立てた。義貞に随伴して、上京し恩賞として後醍醐天皇から右京亮を賜った。

その後…[編集]

以降の経広の動向は不詳だが、その子の左京亮の有親は、1385年12月に一族の世良田政季(修理進)・政満兄弟(ともに同族の世良田政義の子)とともに信州浪合村で足利氏一族の一色・吉良の連合軍と戦って、政季とともに戦死した(浪合の戦い)。

有親の子の親氏(親季)・泰親(政親)兄弟は、世良田政満とともに従者の石川孫三郎(伯耆守数正の祖)に護衛されて、三河国加茂郡松平郷にのがれた。翌年に政満はを遺して亡くなったという(その娘は後に尾張の荒尾宗顕(在原業平の子孫)の孫の泰隆と結婚して、その間にもうけた子供の柾英(征英)は平手政秀の先祖となったという)。

親氏は土豪の松平太左衛門信重(加茂姓)の婿養子となって、松平氏と称した。ふたりの間に信広(広親、挙母松平家/酒井氏/小栗氏らの祖)・信光らを生んだ。信光は室町幕府の被官となり、足利義教の近侍になったという。

信光の子孫は、後に再び、徳川氏と称して、三河国の各地を占領して勢力を拡大して、7代目の徳川家康に至ったという。

関連事項[編集]