快速列車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「快速列車」の項目を執筆しています。

快速列車(かいそくれっしゃ)とは、気持ちいい速度で走る列車である。新しいタイプに新快速もあるが、本項では取り扱わない。

概要[編集]

昔までは、「普通」と「特急」しかなかったが、その間の電車がなかった。そこでその間の電車を作ることとなり、ダイヤも描き、いよいよお披露目・・・というところで制作に携わっていた一人が言った。「あれ、この電車の名前って何?」そう。今まで、誰も気づかなかった為に間の電車の名前を付け忘れていたのである。その為、大急ぎで付けることとなったが、一つの案としては「間速」や「中速」、「鈍速」もあったがイマイチ、ピンとこなかったらしく、悩んでいた。そこに一人が漢字テストの為に、「快」の字を練習していた。偶然にもそれに目を付けた社長が「快、快、快速!いいじゃないか、君。できるじゃないか。」と言い、すぐにこの名前に決まった。

合理主義の弊害。

一般に「快」という文字がつく列車は「速い」ものとされている[要出典]が、それは「走行速度が上がることによって運行時間が短縮され、それによって移動時間(通勤通学など)が早まるのだから時間も節約されることになり、きっと利用者のみなさんも気持ちいい筈だ」というあまりに合理主義的な発想であり、電車を「単なる移動手段」としてしかとらえることの出来ない、感性の貧しさや、頭の固さを露顕してしまっているのである。

また、電車が「単なる移動手段でしかない」などという見解は大きな間違いであり、何より鉄道を愛していない、鉄道教徒の風上にもおけない愚行であると断言せざるを得ないのである。

「よろしい のるまえに でんしゃのだいごみ とくと めに やきつけておけ!!」
快速列車 について、かみ

体感[編集]

速度を体感中。

まず電車に乗ったら、その速度を身体で感じてみよう。肌で味わってみよう。たとえば窓の外に流れ行く風景。あるいは靴の裏を通して伝わる、リズミカルな震動も楽しめる。また、極稀にガッコーンとある物を轢いてしまうこともあるが、それもまた良い。

座っていればクッションの弾力と相まって[1]心地よい眠気を誘い・・・

サムネイルの作成エラー: ファイルがありません
この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

おっと、ここは何処だ?ついつい乗り過ごしてしまったようだ。しかしあの眠りは気持ちよかった。また、一緒に乗り合わせている人々の息遣い、あるいはほぼ空気輸送状態のガランとした空気、そうした電車内のもろもろを、五感をフル稼働させて堪能するのも一興である。[2]

それから何よりも発車直後の「よっこいしょ」的な加速にかかる微かなG。速度が乗り、まるで滑るように街中(あるいは田園風景、その他)を走る疾走感、そしてに到着する直前の「おっ。とっ、とっ、と……」的な減速時に感じる重いけだるさ、それらすべてを重ね合わせ、混ぜ合わせた不思議な感覚を、胸の中でじっくり転がすように、何度も何度も繰り返し味わうのである。これこそが列車の醍醐味であり、特に快速列車は初心者向けの、誰もが快いと感じられる(であろう)速度[要出典]で今日も走っている(筈)のである。

結論[編集]

余裕が持てれば、日々の満員電車も少しは気が楽になるかも知れない。しかし、普通電車でも同じことは体感できるのである。

脚注[編集]

  1. ^ 古いタイプの電車だと、クッション性が無い。しかも電車によっては背もたれが座席に対して直角になっている場合もある。
  2. ^ 嗅覚を使わないのではと思う人もいるようだが、そこは大丈夫。隣の人の噴出する助燃性ガスを嗅ぐのである。

関連項目[編集]