出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(せい)とは有性生殖を行う生物を区分する言葉である。多くの生物は性が存在するために雌雄交配を行わなければ繁殖できない。(人間で言うなら明るい家族計画をしないと子供ができない。)

概要[編集]

性は生物の進化の過程で獲得した繁殖方法であるが、何故、性が存在するのかという疑問に対して今日でも明確な答えは出ていない。このことは多くの進化生物学者、生態学者達の研究の対象とされてきた。

仮に『性』がなかったら[編集]

有性生殖は雌雄を分けているため、異性を探さなくては生殖が起こらない。よって、単性の場合と比べて2倍以上のコストが必要となる。つまり、生殖相手を探していて遭遇したのが同性である場合は生殖が行えないというリスクを負っていると言える。しかし、現実に多くの種が有性生殖で増えていることから、コストを払ってでも得られる利益は大きいと考えられる。

だが、もしもここで性という枠組みが無く自己と他者の関係で生殖が行える進化を遂げていたら、 生殖のコストは無性生殖と変わらず利点のみがあるように思われる。 そこでここでは性が存在しなかった場合に起こる事象について述べ、性が存在する理由を考察する。 ミミズなどは一個体に両性の生殖器を持っているらしいので、ほ乳類などの他の種もミミズのように両性の生殖器を持っている状態を仮定する。取りあえず便宜上、のような形質だと仮定しておく。

単一の性の場合に起こること[編集]

これでは毎日に刺激がなくなる…

いや、ある意味刺激的な訳だが…。

結論[編集]

生物学者が出した結論は男と女って分かれてて良かったですね、ということである。

ちなみに、生物は発生段階では全てメスだとされている。胎内では皆女の子であり、男性に乳首や乳腺があるのはそのせいである。またメスがオスになることはあっても、遺伝子学的に逆から始まることはないらしい。わざわざ分けているのだから、きっと何か意味があるのだろう。多分。

関連項目[編集]


Abe いいこと思いついた お前 テンプレ貼った この項目「」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)