性別

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「性別」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「性別」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「性別」の記事を執筆しています。

性別(せいべつ)とは、生物・無性物を問わず使えるカテゴリーの一種。

概要[編集]

元々性別は生物分類で用いられており、成体になった状態で子供を産めるか産めないかにより雌雄に分類するものである。子供を生む側は「雌」、生ませる側は「雄」と呼称される事が多い。しかしこれはあくまで結果的な分類であり、当てはまらない個体も多い[1]。雄でも子供が産める「オメガバース」と呼ばれる個体や、雌の機能を保ったまま雄の機能も持つ複合個体も存在し、分類における難度を著しく上げている[2]

特に人間の場合、出産以外の差異として身体能力や精神面での違いが上げられる。雄は奴隷として使いやすいように筋力が高い代わりに思考能力が低く、雌は逆に周囲の個体を扇動し自分の意思を通すのが過剰に得意とされる。また社会的な刷り込みとして「雄は小さなことを気にしてはいけない」「雌は暴力を振るってはならない」という教育をされる事が多い[要出典]。その為雌は力ではなく詐術や謀略で雄を懐柔する事が一般化している。

無生物の性別[編集]

無生物には出産能力はないが、外見的に突起が目立つものを雄と呼び穴状部位が目立つものを雌と呼称する。これは世界各地で使われており、英語などの言語には「男性名詞」「女性名詞」という考えが存在する他一部の女性研究者の間では無生物の生物化論文の際に盛んに使われている。例えば鉛筆はその尖った形状から男性であり、また消しゴムも白さが精液を想起させるため男性となる[3]

脚注[編集]

  1. ^ 例えばミジンコの場合、環境でも変わるため絶対的な分類ではない。
  2. ^ かのチャールズ・ダーウィンは生物分類に悩む弟子達を見て、「元々分けられないものを無理に分けるからそうなるのだ」と自分で出した案を棚に上げて無意味なことをするなと指摘したという。
  3. ^ 消しゴムが鉛筆の書いた字を消して黒ずむのは「鉛筆に犯された」という形式になるのである。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「性別」は何故か「」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
この項目「性別」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)