怪人ゾナー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「怪人ゾナー」の項目を執筆しています。

怪人ゾナー(かいじんぞなー)とは、90年代後半に広まった日本怪談都市伝説の一つである。なお、今のうちに言っておかなければならないが、昭和40年代、夜の町で人々を次々に誘拐し、車と同じスピードで走ることで有名だった怪人はケムール人である。

概要[編集]

主に小学生の間で流れた都市伝説でテレビ東京の番組おはスタで取り上げられたことで有名になった。その内容は黒いマントを羽織った怪人が子供たちの前に現れなぞなぞを出し、答えられなかった子供を誘拐してしまうというものである。まぁ、ガチャピンが子供達を食べちゃうぐらいの話でしかないが、話の類似性から昭和初期に流行した赤マントから派生した都市伝説の一つであると考えられており、本やゲームでも取り上げられるなど社会的に大きな影響を与えている。なお、昭和60年代初頭にも同じように黒マントで金の仮面をかぶった怪人が登場したが、それはおもいっきり探偵団 覇悪怒組に出てくる魔天郎である。

社会的背景[編集]

このような都市伝説が広まった社会的背景には登下校の際に現れる変質者や学校のテストにこたえられないことへの恐怖があるとされている。また、ゾナーが所属する組織から解雇されているというパターンも存在し、これは昨今問題になっているリストラなどが噂として取り入れられたものではないかと言われいる。あわせて、昭和初期でも同じように世界恐慌日中戦争といった社会不安の中で、江戸川乱歩の手によって生み出された怪人二十面相が大活躍している。きっと何かの偶然だろう

人物像[編集]

声優森久保祥太郎に声や外観が似ているといわれている。しかし、彼の身長は165センチであるのに対し、ゾナーの身長は180センチである。180センチ(自称)である。180センチ(自称)である。180センチ(自称)である。多分、他人の空似というやつである。ちなみに、森久保自身、実はサバをよんでいる。ゾナーはまたナルシストで音楽を好み、ゾナーギターという専用のギターも持ち歩いている。その正体については話によって様々な説があるが一番ポピュラーなものはゾナーは秘密結社ナーゾに改造された改造人間であり、子どもたちを誘拐する理由は組織の構成員「ナゾラー」に改造するためというものである。

なお、ナゾラーとは、電子戦隊デンジマンにて初めて確認された怪人である。1980年8月9日、初号機がデンジマンによって倒されてしまったが、およそ20年をかけて子供達の間に浸透し続ける恐るべき存在である。さすがヘドリアン女王陛下、深謀遠慮を持っていらっしゃる。

秘密結社ナーゾ[編集]

都市伝説の中ではゾナーが所属するなぞなぞで世界征服を狙う秘密結社とされている。専門家の間ではコロコロコミックなどのホビー漫画に登場する悪の組織がモチーフになっているとされており、ここから現在の小学生の間でコロコロが大きな影響を与えていることが見て取れる。

しかして、その実態はイタリア共和国シチリア州メッシーナ県に存在する地域コミュニティである。しかし、シチリアといえばマフィア、マフィアといえばシチリアであるため、その中身は限りなく暗黒に近いもので構成されている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ナーゾ」の項目を執筆しています。

その他[編集]

  • 麗人サイガー怪人アンサーというライバルが存在する。どちらも秘密結社ナーゾの構成員である。
  • 文献によってはゾナーの名前はカール・ツァイス社のレンズに由来するとされていることがあるが、小学生が知っているはずがなくこれは明確に誤りである。彼の口癖であるゾナという言葉に由来するとするのが定説である。
  • 180センチ(自称)である。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第8回共同加筆コンテストに出品されました。
この項目「怪人ゾナー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)