恵比寿駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「恵比寿駅」の項目を執筆しています。

恵比寿駅(えびすえき)とは、東京都渋谷区にある、JR東日本東京メトロの駅である。ビール工場があったのでビールの名前から駅名、地名ができた。

概要[編集]

JR東日本では山手線埼京線湘南新宿ラインが利用できる。共に東京を支える路線である。一方で東京メトロでは日比谷線が利用できる。この路線も東京を支えているが、ちょっと地味な気がしなくもない。それが理由で湘南新宿ライン特別快速が通過してしまうのかもしれない。ちなみにここでは山手線のグモはおすすめしない。

発車メロディ[編集]

恵比寿駅の近くにはもともと日本麦酒醸造会社(現在のサッポロビール[1])の工場があったことから、乗客にをたくさん飲ませようと、特別の配慮が行われている。

発車メロディーとして映画『第三の男』のテーマ曲が採用されているのも、その一環である。『第三の男』では、友人が実はとんでもない悪党だったと知った主人公がやけ酒を飲んでべろべろに酔っぱらうシーンがある。『第三の男』のテーマを流すことで、乗客の「友人は実は嫌な奴かも知れない」という疑念を増大させ、酒をたくさん飲ませることが狙いである。

全然迷宮じゃない恵比寿駅[編集]

この通り、全然迷宮ではない。

隣の渋谷駅は日本を代表する迷宮となっているが、当駅はまったくもって迷宮になっていない。元々、路線が少ないというのもあるが、JR東日本のホームが2つしかなく、隣り合っているというのが大きい。隣の渋谷駅は大人の事情でとても同じ駅とは思えない場所に存在しているので、恵比寿駅はとてもわかりやすい駅となっている。あえて言うなら、ホームには上り階段と下り階段が両方あることだけである。

なのにもかかわらず、恵比寿駅を一部の列車が通過するのは、きっと渋谷駅の迷宮を残したいと思っている一部の者の陰謀だろう。そうして迷宮に吸い込まれて出てこないか、北は川越高崎宇都宮、南は小田原鎌倉、さらには新木場へ飛ばされる人が後を絶たない。

カートレインと恵比寿駅[編集]

カートレインというものをご存知だろうか。これは客と車を一緒に運んでしまおうという列車のことである。今は無いが、1980年代あたりに登場した列車である。その中で「カートレイン九州」と「カートレイン北海道」が恵比寿駅発着で運転されていたことがあった。

恵比寿駅もたまには光を浴びたことがあったのだ。しかしカートレインは料金の高かったり積載できる車の大きさに制限があったりで数年で廃止されてしまい、恵比寿駅は以前のように普通の東京の駅に戻った。

脚注[編集]

  1. ^ 念のため説明しておくと、サッポロビールはヱビスビールを販売している会社である。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「恵比寿駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)