悪インパルス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「悪インパルス」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

悪インパルス(あくインパルス、Ak impulse)は鳥山世界(クロノ・トリガー)のお笑い芸人トリオ。

平均的な女性より容姿の良いニューハーフのマヨネー、自称西洋の宮本武蔵こと剣豪ソイソー、苦労人リーダーのビネガーの三人から構成される。

よく「西洋のダチョウ倶楽部」などと呼ばれ、三人ともダチョウ倶楽部のメンバーに似通っているところがある。

メンバー[編集]

ビネガー[編集]

ビネガー.gif

三人のリーダー格であり、ボケもツッコミもこなせる芸達者だが、他の二人がもっぱらボケ専門なため自然とツッコミ役をやらされている。笑いの為なら身体を張ることも厭わず、自ら落とし穴に落ちることも。
こう見えてなかなか器用であり、白骨死体を組み合わせて作り上げた骨の彫刻「ジャンクドラガー」は芸術家達からも高い評価を得ている(もっとも、すぐにクロノ達に破壊されてしまったが。)
恰幅の良い風貌やリアクションの多彩さから上島竜兵に喩えられる。「ビネガ~ピ~ンチッ!」はダルトンの「畜生ーおならぷー」と並ぶクロノトリガー屈指の名台詞である。

ソイソー[編集]

ソイソー.gif

西洋の宮本武蔵を自称する剣豪。お笑い芸人である事の自覚が無いらしく、芸の最中に刀を振り回し会場を混乱に陥れることも度々。
ソイソー刀なる自作の刀を愛用しており、本人曰く「険峻な山奥に暮らす伝説の刀鍛冶が打った名刀。相手は死ぬ。」とのこと。
背が高い事から肥後克広に喩えられるが、肥後と違い彼はリーダーではない。

マヨネー[編集]

マヨネー.gif

三人の中で一番まともな容姿をしている美女。
しかしその正体はニューハーフであり、端麗な容姿とはかけ離れた濁声の持ち主で(ジャイアンより酷い)、容姿につられてホイホイついていった駄目男達をそのハイパーボイスで即死させる。
三人の中では寺門ジモンに喩えられるが、ジモンが残りの二人をしつこくバキューン!!に勧誘しているように、マヨネーもソイソーとビネガーに女装をしつこく促している。