悪書追放運動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

悪書追放運動(あくしょついほううんどう)とは、親やPTAにとって都合の悪い書籍を排斥しようとする運動であり、教科書ドリルおよび一部の純文学作品以外のすべてを排斥しようとする運動である。

概要[編集]

汚らわしいマンガやアニメを日本から一掃する

当たり前である。当たり前なのだから当たり前なのである。賛成の反対で当たり前なのである。反対する者は当たり前がわからないのだから人間ではない。証明終わり。議論など不要。

親が、子供に読ませたくない本を排斥する運動である。この運動により、子供が勉強のじゃまになる本から遠ざかり、まじめになるとして推奨されてきた。実際の社会活動ではいろいろなものに対処する能力が必要であり、そのためにも悪書にも触れる必要があるはずであるにもかかわらずこのような運動が起こっている。これは、偉い人にはこの事実がわからないということだけではなく、日本の子供たちの社会性を低下させ、抑圧することで犯罪行為を助長するための特定アジアによる工作活動であるという疑いもある。

また、最近では政治屋に訴えかけることでこの運動を強化しようとする向きも多く、児童ポルノ禁止法の制定にまつわる最近の動きはこれによるものが大きい。

対象となる書籍[編集]

漫画
一部の解説書を除くほとんどの漫画がこの運動の対象となっている。これは、内容に関係なく漫画であるというだけで悪書であるとされるためである。ちなみに運動をする人の大半は全くその作品を読まないで評判を聞いて批判しているだけか、あるいは問題とされるごく一部分の描写の部分を見て批判するだけであり、作品の全巻を内容について熟考しながら隅から隅まで読んで批判を行う人はごく稀である(…と言うか、そんな人は存在するのだろうか?)。例外は学習漫画赤胴鈴之助(例外に入れた人はインターネットで見た…ではなく、内容をラジオで聞いただけだが)。
小説
純文学をのぞくほとんどの小説が悪書であり、遠ざけるべきであるとされている。特に、ラノベがやり玉に挙げられる。また、純文学であっても車輪の下ヘルマン・ヘッセ著)が焚書の対象となったように、ノーベル文学賞受賞者の作品であっても学校や親にとって都合が悪ければこの対象となる。勿論、対象は時代と共に変化する。例えば明治時代には「最近の子供は夏目漱石などの小説ばかりを読み、漢文を読まない」との批判があったとか。
教科書学術書
教科書なら大丈夫だと思うかもしれないが、そうはいかない。特定アジアに対して不都合な内容については基本的に悪書とされる。また、中道もしくは右よりの意見の記載された書籍や、教師あるいはその所属する団体の意見と異なる書籍についても原則として悪書とされる。

関連項目[編集]


この項目「悪書追放運動」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)