愛の流刑地

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「愛の流刑地」の項目を執筆しています。

愛の流刑地(あいのるけいち)とは、日本経済新聞朝刊に連載されていた成人向け小説。作者は渡辺淳一

よくエロ小説と誤解されているが、本来の掲載目的は「サラリーマンあれを活性化して、不況を打破するため」である。

内容[編集]

主人公とある人妻恋愛の顛末記である。経済紙なのにスポーツ新聞顔負けの過激な小説だった。圧巻はSEXをするところのシーンの描写である。満員電車の中で読まれることも多いから、挿絵はやや抑え気味だったが、文章は激しいもので、描写を想像すれば脳の活性化にもつながり健康にもよいとされていた。

また、会社で読んでもよいが、読んだからといって体に変化が起きてはまずい。変化を起こさないための忍耐力を養わせるためという目的もあった。

反響[編集]

最近部数が低迷する日経新聞が、その低迷から脱出し、部数を回復するための秘密兵器という位置づけだったが、予想通り大人気をあつめた。

全国の学校でも読まれ、教師が生徒に「学校でエロ小説を読むとは何事か!」と注意したところ「経済の勉強をしています」と反論されて困ったというエピソードが各地でつたえられている。

そのため、学校に配達されるものや、家庭向けに配達されるものについては、スポーツ紙のピンク面がラテ欄に置き換えられるように、この小説ではなく「涼宮ハヒルの憂鬱」に差し替えるオプションも密かに用意された。

映画[編集]

2007年1月、映画が公開された。当然の如くR15指定である。

出演・豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、陣内孝則、仲村トオル、佐藤浩市、浅田美代子、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、松重豊、本田博太郎、余貴美子、高島礼子、富司純子、津川雅彦