愛沢咲夜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

愛沢 咲夜(あいざわ さくや)は、三千院ナギの数少ない友人の一人。

愛称は「サク」、「サク姉」、「咲夜嬢」、「乳オバケ(綾崎ハヤテ談)」

しょっちゅうダイエットを行っているようで、そのたびにリバウンドしている。胸が。

人物[編集]

公式では1991年4月3日生まれとなっているが、2007年の時点ではまだ14歳である。2007年の時点で14歳の場合、1993年生まれの筈であるが、まあそのへんはいいとする。関西の人間であり、お笑い黄色い虎が好き。また、三千院ナギ桂ヒナギクと同じで少しツンデレである。また、綾崎ハヤテとは、初対面と現在ではえらい違いの対応である。詳しくは次。

ハヤテと咲夜の関係[編集]

初対面はハヤテが蹴られたり、電気あんまをかけられたりと、かなり突っ込まれていた。が、だんだん咲夜がハヤテに おっと失礼。それでは、ちょっと振り返ってみましょう。

ハヤテと咲夜 初対面と現在の言葉の交わし方[編集]

初対面[編集]

ハヤテが「ゴールデンウィーク明けには真夏になったりして。」などと言い、最後に「ま、そんなわけないか。」と言い、そして咲夜が「当たり前じゃボケェーーー!!」と言いハヤテを蹴り飛ばすなど、ちょっと突っ込まれすぎな日々が続いていた。しかーし!! これからが本番ですよ。こ れ か ら が 。

7巻で出会ったとき[編集]

其のシーン。通称「あててんのよ回」。

寒くて凍えそうなとき、三千院(?)の発電所に二人で入ったとき

ハヤテが「ここ、温泉とかあるみたいですよ?入ってきたらどうですか?」などと咲夜に言うと、「温泉って自分…こんなとこで二人きりでそんなことできるわけあらへんやないか…」と咲夜が言葉を返す。するとハヤテが「え?どうしてですか?」と、全く乙女心がわかっていないような口を聞いた。それでムカついた咲夜が、温泉(中の湯は冷えて水になっている)にハヤテを放り込み、そして自分まで入った。なんとも過激な事になったのだ。 ここから先、どうなったかは「ハヤテのごとく!」第7巻をご参照。

カキを穫りにいったとき[編集]

ハヤテがナギのためにカキを穫りにいったとき。話の流れで咲夜と一緒になってカキの木を発見したが、カキの木が襲いかかって二人で逃げてる時に咲夜が言った言葉が。

「どないすんのやハヤテぇええ!!」

一見何気ない会話だが、今まで咲夜がハヤテを呼ぶ時にいった言葉は「お前」「ボケぇ」「借金執事」「自分」など、あまり言われても嬉しくない名称ばかりだが、この話で初めて咲夜は苗字でハヤテのことを呼んでいる。 その後「ハヤテ」と呼ぶ機会が増えたなど、仲が深まって……いるのかな?

咲夜の誕生日に庭で二人きりになったとき[編集]

咲夜がハヤテに「実はウチ・・・「お兄ちゃん」って言うのにちょっと憧れてんねん。」と言う。ハヤテは「確か咲夜さんには、ギルバートって言うお兄さんが・・・」と言うが咲夜は、「あんなんウチの思うてるお兄ちゃんとちゃうわ!あんなん兄にカテゴライズしたないっちゅーねん!」と返す。そして咲夜はハヤテの事を何て呼ぼうか悩んでいた。すると咲夜は、ふと今思いついたハヤテの呼び方をハヤテに言った。

「[ハヤテお兄ちゃん]って、呼ぶのはどうやろ…」

これを聞いたハヤテは、なんとも乙女心の理解ができていない言い方をしてしまった。

「そう言われましても…」

せっかく咲夜が勇気を出してそう言ったのに、ハヤテはまったく乙女心が理解できないのだ。まあ、その後、二人ともずっと黙ったまんまだったが。

ラジオで以上のやり取りを咲夜の代行者によって偶然再現したところ、その回の聴衆率が増加した。

関連項目[編集]

Imgb4da957b62oe8w.jpg 愛沢咲夜は、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)
存命人物
この記事は、存命している人物に関する経歴等が記載されています。執筆の際は存命人物の伝記に基づいた編集を行ってください。出典が無い、あるいは信頼性の乏しい出典による潜在的に論争となりうる記述、特に名誉棄損や侮辱等に該当する内容を見つけたら、速やかに除去した後にノートにて報告および議論してください。