愛 (人名)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

とは日本でよく見られる女性名前である。読み方は多くの場合「あい」であるが、最近では「めぐみ」「まな」などと読む場合も少なくない。もし愛という名前の人を見ても、気軽に「あいちゃん」などと呼びかけてはいけない[要出典]

「愛」という名の有名人[編集]

この記事が書かれた2008年10月現在では「卓球の愛ちゃん」こと早稲田大学の福原愛がもっとも有名であるが、その他にも大塚愛清水愛などがいる。もう少し時をさかのぼると飯島愛なども。

余談だが稀に「愛」と書く男性もいる。有名なところでは占い師のマドモアゼル・愛など。

「愛」という名前の由来[編集]

出生時に付けられた名前としての「愛」は、「広い愛の心を持った人になるように」「周りの人から愛されて育つように」などの親の願いがこめられているとされているが、その割にはこの名が付けられるのはほとんどが女の子である。親としては、男の子には「広い愛の心を持った人」になることや「愛されて育つ」ことをあまり望んでいない、ということがここから読み取れる。

自ら名乗る名としての「愛」[編集]

名前には出生時につけられるものとは別に、ペンネームや芸名や源氏名などの、自ら名乗る名前もある。ここでも「愛」とつけられることは少なくないが、この場合の名前にこめられた願いは「自分が人から愛されるように」といういわば「クレクレ思考」に基づくものであることが多い。今までの人生において愛に恵まれなかったことからくる願望であると想像されるが、「愛」と名づけたくらいで愛されるようになるほど世間は甘くないのは言うまでもない(アンサイクロペディアにおけるの項目を参照のこと)。多くの場合、愛という名とは裏腹の愛のない人生を送るはめになるので、気をつけたほうがいい。

人名漢字としての「愛」[編集]

日本の法律において、人名に用いる漢字は、使える字が限定されているのみで、読みについては全く規定がない。「愛」もまた、さまざまな読みで人名に使われている。

代表的なところでは「まな」(愛美=まなみ、など)であるが、その他にも「あ」(愛優美=あゆみ・心愛=ここあ)「め」(叶愛=かなめ)「ま」(笑愛=えま)など、振り仮名をふってもらわないと読めないようなものが少なくない。

関連項目[編集]