憂臓

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

憂臓(ゆうぞう)とは、ユーモアホルモンの合成、分泌を通して人の精神活動に影響を与える臓器である。現在、以外の哺乳類には確認されていない、特別な臓器である。

概要[編集]

ユーモアホルモンは、愉快なことを考えるのに非常に重要な役割を果たしている、アンサイクロペディアンにとっては命のような臓器である。憂臓は、ユーモアホルモンの合成・分泌・貯蔵を主な役割としており、衰弱した場合ユーモア欠落症を引き起こす。

繰り返しユーモラスな思考をすることでユーモアホルモン分泌能が高まるが、短時間に無理をすると衰弱し、上記のユーモア欠落症になってしまう。

ユーモアホルモンの作用機序[編集]

ユーモアホルモンがユーモアホルモン受容体と結合することで脳が「おもしろいことを考えようとする」ようになる。注意するべきなのは、おもしろいことを考えようとするだけであり、おもしろいかどうかには関係がない。おもしろいかどうかはその人のセンス、性格に左右され、ユーモアホルモンが多く分泌される人であってもセンスがなければ周りの人はしらけるばかりである。

1日あたりのユーモアホルモン分泌量[編集]

年齢とともに減少していくユーモアホルモン。

成人男性1日あたりの分泌量平均は4μg~6μgである。個人差が非常に大きい。

ウィキペディアン平均では1~2μg程度であるが、アンサイクロペディアンでは15±3μgと、非常に分泌量が多いことがわかっている。
これは、日常的にユーモラスなことを考えるために時間を浪費しているからである。
年齢別では、3~4歳で最も分泌量が多く、幼児期にわんぱくな子供が多いのはこのためである。 質の高いユーモアを考えられるようになるのはホルモンバランスの落ち着く20歳前後からとされている[要出典]。 その後は徐々に低下し、70代では20代の25%にまで減少する。[1]年配につまらない話ばかりするのはこのせいである。 何らかの原因でユーモアホルモンの過剰分泌が起きると、痴呆症や本当のバカになるリスクが増加するとされている。致死量は156μg。

関連項目[編集]

脚注[編集]