懈怠の心

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「懈怠」を執筆していますが、一行記事なので見る価値はありません。

懈怠の心(けたい―こころ)とは、何か物事に取り掛かろうとするときに誰もが抱くと言われている、怠け心のことである。 要は、気持ちの問題ということ。鎌倉時代末にはすでに存在が示されていた[要出典]。←ああ、うろ覚えで書いたから、また後で出典は調べとくから。

概要[編集]

懈怠の心は誰でも抱きうるものであるが、自分でそれに気づくことは非常に困難である。しかし、第三者の視点からだと比較的容易に発見されることもあるという。

いくつか例を挙げると、

  • 失敗が許されている状況での「次があるさ」
  • 期限まで時間がある、あるいは期限のない状況での「後でやる」

などといったところである。上記の「」内の考えこそが懈怠の心によるものに他ならない。

考察[編集]

詳しいことについては、 今日はまだ時間があるため、後で執筆することにする。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

…ほかにも関連する項目はあるが、また気が向いたら追記します。