成城

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

成城(せいじょう)とは、世田谷区と調布市の間にあり、日本国に属さない、独立国である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成城」の項目を執筆しています。

概要[編集]

日本人を激しく嫌う特徴があり、成城国周辺でうろついていたた日本人は成城国民の飼い犬たちに挿入される。 成城国民に言わせると、一歩成城国を出るとド田舎。電波が急に悪くなり、893が増える。成城コルティ屋上は日本人立ち入り禁止。成城人の聖地となっている。 最高権力者はユタカちゃん。 主食は饅頭と栗。高齢化を防ぐため、80を越えた奴らは追い出される。残っていた場合処理される。 国外に出た成城国民たちは、貴婦人のようにふるまう。 入国手段としては、徒歩、チャリ、バイクでいくぜ、バス、タクシー、自家用車、小田急線があるが、駅改札、バス停では日本人はうち放たれる。タクシーは成城人が乗っていた場合以外は絶対にドアが開かない。自家用車は停車した場合爆発する。 駐輪場は常時満車、路上駐輪すると即撤去。徒歩での侵入者はスナイパーにより土に還される。よって日本人の生存は不可能。 エクストリームスポーツは、いじめが盛ん。特に無視のプロを多く輩出している。

特徴[編集]

有名人がとても密集していて、「犬も歩けば俳優に当たる」という名言はここで生まれた。元力士(はなだまさるし)や某俳優(たつみたくろう)などが同じ通りに住んでいる。高度が高く、隣駅まで行こうとすると坂があるので、お年寄りに優しくない。サピックスなど、進学・学習塾がとても密集していて、 9時近くになると、受験生が集団下校する。この時刻に改札で駅から出ようとして、その瞬間反対側から入られても、文句は言えない。 サピックスは6号館まであるらしい。 毎年アメーバのように拡大を続けている。野川を超えた砧本村あたりでも成城が発見されている。なお、調布市の方向に伸び続けた成城は分裂し、自律的に成長をするようになった。これは仙川という。

歴史[編集]

元々は日本の一部だったが、野田佳彦が嫌いな人があまりにも多かったため、ユタカちゃんが独立させてくださった。 国境管理を徹底し、日本人を未だ1時間以上生息させていない。 成城の名の由来は、ある学校の近辺で教職員向けの高級食品を販売していた商店、成城石井に由来する。商店の知名度が高まる中、隣接する学校も成城学校と呼ばれるようになった。

むかしむかし、旧成城学校から分裂した成城小学校が移転してきて、それが大きくなったのが成城学園なのである。成城石井も教職員らのニーズに応えて本店を移転し、成城はこの地の公的な地名となった。

岸辺のアルバム化

気質[編集]

成城は、田園調布二子玉川とあまり変わらず、東京の端っこにちょこんと乗っかっている。小学生の数が異常に多く、小学校は今にもパンクしそうである。建前上は閑静な住宅街だが、車通りが多いため、嘘八百ということになる。

地理[編集]

前に言ったとおり、高度は周りに比べ高めで、洪水が起きても川近辺の人が岸辺のアルバム化するだけである。駅周辺にはなぜかローソンが三軒もある。高級マンションが連立して、セレブチックな感じだが、1km程歩いた9丁目付近の家は、地震が来れば一発で潰れるボロ小屋ばかりである。小田急線が通っており、最近駅は地下化され、駅ビルまで建つにいたったが、儲かっているか定かでない。

関連項目[編集]

この項目「成城」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)