成田エクスプレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成田エクスプレス」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「成田エクスプレス」の項目を執筆しています。
名鉄ドリンクによる「成田エクスプレス」
「抜き足 差し足 スカイライナー 利用者はN'EXにさらわれる」
成田エクスプレス について、仲野栄治
「京成のスカイライナーの性能の違いが、我が動労千葉の決定的差ではないということをもっと教えてやる!」
成田エクスプレス について、チバゾンビ

成田エクスプレス(なりたエクスプレス 、Narita Express)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が成田国際空港と日本国内主要都市の速達サービスとして投入したドリンクシステムの愛称。N'EX(ネックス)の別称がある。更なる別名は『特急ネック』

概説[編集]

1991年(平成3年)3月19日に運用を開始した。運行区間は全国各地 - 東京 - 成田空港間である。

国際空港アクセスサービスドリンクであることから、外国人乗客を意識して、英語名のNarita ExpressからN'EX(ネックス)の略称で呼ばれる。外国人からはPEPSIとも呼ばれる。計画時は三里塚闘争が盛んであったため、住民感情に配慮して「三里塚エクスプレス」とする構想もあったが、Sanrizuka EXpressでは略称がぴーとなってしまうため、公序良俗の観点から現在の名称が採用された。 なお、成田空港線と常磐線は2030年5月30日から上野東京ラインによって直通しております。また、「佐倉エクスプレス」と呼ぶケシカラン人もいるのだとか。ちなみにこの佐倉エクスプレスを略すと、ぴーになってしまう。Sakura Expressではぴーになってしまいます。

スカイアクセスとの並走区間ではアクセス特急(普通列車)に追い抜かれる惨状である。北越急行からレッドウィングを買取りたいが足元にあれが控えているので・・・。

詳説[編集]

2009年投入のJR北海道仕様の新型ドリンク

基本的に東京 - 成田空港を30分毎に運行し、東京からJR各線に乗り入れて成田の新鮮な空気とドリンクを輸送している。名古屋鉄道JR北海道でも同型の特急型ドリンクを運用していた。しかし、JR北海道の方は特急型は札幌-旭川間で区切られる様になったために車両によってはロングシートを沿線住民と争奪するはめになった。一方で名鉄の方も強風で列車が吹き飛びそうになったり、グモでの「逝っとけダイヤ」なために運休・遅延で定時に着けない可能性もあるのでどちらも五十歩百歩である。

歴史[編集]

ペプシ社の広告ドリンク

「成田エクスプレス」の起源は、1989年1990年に伊豆急下田駅発着で運転された「ウィング踊り子」に遡る。これは、黒船が来航し旧くから日本の国際交易の拠点となっている下田が新国際空港へ直結するのは当然という発想に基づくものである。ただし、当時は三里塚闘争の最中であったため、反対派勢力の妨害により成田空港駅まで入線できず、成田駅発着での運転となった。

1991年3月改正より、サービス名を「成田エクスプレス」としての運転が開始される。この頃は主に首都圏の各駅からの設定が多いが、乗務員は当時関西・九州方面への夜行ドリンクを担当していた東京車掌区の人員が担当しており、西日本方面への直通運転を視野に入れた人員配置であった。

同年7月には首都圏以外の全国各地からの直通運転を本格的に開始し、松本および青森からの直通サービスが設定された。これらの列車は便宜的に「ウイングあずさ」および「ウイングはくつる」と呼ばれることもある。

1993年から1999年にかけて、首都圏発着ドリンクの運転範囲が僅かに拡大され、大船・大宮・高尾・小山・小田原・高崎・川越・茂原発着が設定される。

2002年にはFIFAワールドカップに便乗する形で新潟駅発着ドリンクが設定され、ここに成田エクスプレスが初めて日本海側へと進出する。この列車は便宜的に「ウイングエクスプレス」とも呼ばれる。

2004年には名古屋鉄道が253系に準拠したドリンクを製作、同社との直通運転が開始される。

近年では成田線経由で常磐地方に直通する「エアポート常磐」も頻繁に運行されている。つくばエクスプレスにも直通する「直通快速」も評判を呼んでいる。

ときどき人を殺す。

2009年より、JR北海道との共同開発により同社の特急型ドリンクを253系と類似したカラーリングに変更し置き換える予定となっている。この車両の導入により、対北海道の輸送が増強されることが見込まれている。さらには客室乗務員に沢尻エリカを採用、ドリンク無料配布、機内食の提供、座席テーブルに全自動卓を内蔵するなどの新サービスを次々と導入し話題となっている。

2010年には三里塚闘争に勝利した京成族たちの熱烈な要望、またJALの経営危機に端を発した空港行政見直し政策もあり、幻と消えた成田新幹線が息を吹き返した。ところが、JRはこの成田新幹線の経営権を取り逃すチョンボを犯したため、京成電鉄がスカイライナーを運行することになった。

現在は乗客がほとんどいないため空気輸送が行われている。

停車駅[編集]

空港アクセス区間[編集]

成田空港駅
起点。第一ターミナル最寄り駅。
空港第2ビル駅
第二・第三ターミナル最寄り駅。駅名も改名すればいいのに。
成田駅
以下、千葉までの駅は通勤時間帯のみ停車。通勤特急(笑)である。
佐倉駅
佐倉エクスプレス略してぴーと呼ばれる原因となった駅。
四街道駅
0番線がある。
千葉駅
ここの通過はクソ遅い。この先ようやく本気を出す。
東京駅
ついに到着、東京の大ターミナル。しかし着くのは地下5階。スカイライナーの京成上野駅とはまるでレベルが違う。また、ここで連結・切り離しを行う。これもある意味初見殺し。

横浜方面系統[編集]

品川駅
そう。終点は東京ではないのである。終点まで乗れば都心に行けるという概念はNEXには通用しないのである。しかし、ここで気づけばまだ山手線で戻れる。
武蔵小杉駅
あーあ、もう神奈川県に入ってしまった。東京に行きたければ東急東横線で行こう。そちらも行先が多くてカオスだが。
横浜駅
ここが終点の列車もあり。ここで降りればまだましな方である。日本3位の人口を持つ大都市だからね。
戸塚駅
本当に何もありません。ここに住んでる人以外には意味ありません。
大船駅
多くはここが終点。もういっそ、ここまで来てしまったら湘南ジェットコースターを楽しんで、海岸で遊んで帰ろう。
北鎌倉駅
いや、NEXの南への快進撃はまだ終わらない。臨時ではあるがさらに南へと直通するのである。とはいえここに止まる意味はない。
鎌倉駅
ここまで来てしまったら江ノ電に乗って、適当に観光して帰ろう。
逗子駅
もう逗子海岸で遊ぶしかない。ただし夏以外だった場合は検閲により削除
横須賀駅
ようやく終点。横須賀の中心部からは離れてるよ。あと、東京に帰るなら京急が良いよ。

新宿方面系統[編集]

渋谷駅
東京で切り離された6両はこちらへ向かう。ここで降りればそれこそ若者の大都市である。
新宿駅
ここが終点の列車も多い。それに乗れれば、NEXの中では最も無難である。しかし、それはそれで降りてからダンジョンで迷うことになり大変である。
池袋駅
さいたまの玄関口まで来てしまったが、山手線も東京メトロも走っているのでまだまだ許容範囲内。そもそもほとんどの列車はここで終点なので、問題はない。
大宮駅
などといって安心させてくれないのがJR東日本クオリティー。たまに新宿・池袋行きに紛れて現れる大宮行きが下手したら一番の罠かもしれない。大船よりひどく、周辺には観光地は何もない。喜ぶのは鉄ヲタぐらいである。(レア車がたくさん留置、てっぱくもあるため)

中央線系統[編集]

吉祥寺駅
これで終わりと思うなよ?新宿方面系統のもう一つの罠、中央線直通列車である。空港から降りていきなりこんな自称・住みたいまちNo.1(笑)に連れて来られても…。
三鷹駅
「見たか!ハッハッハ!」
ここまで来てしまった外国人 について、ムスカJR東職員
国分寺駅
本当に何もない。
立川駅
かなり多摩の奥の方まで来てしまったね。中央特快もクソ遅いから、帰るのはかなり時間かかります。
八王子駅
さすがにここまで来たら異変に気付くだろ。京王線で戻りましょう。
高尾駅
ついに高尾山のふもとまで来てしまったね。せっかくだから山登りしてってください。どうしても帰りたければ、京王電鉄の方が速いでしょう。

※以下、臨時運転区間

大月駅
ついに山梨県に入ってしまった。さすがにここまで山の中を走れば気づくよね。居眠りしてなければの話だけど。
都留文科大学駅
なんと富士急行に入ってしまったではないか。もはやこれは空港アクセス特急じゃない。ちなみにここは片方向のみ停車という、中途半端な位置づけ。
富士山駅
「ふっ、富士山だと!?」ここまで来て目が覚めた外国人は悲惨である。スイッチバックとか、そんなもんどうでもいいくらいの大問題だ。
富士急ハイランド駅
こうなったら、富士急ハイランドで遊んで、今日はこのあたりで泊まるしかないな。
河口湖駅
やっと終点。「へえ、案外富士山って東京から大きく見えるんだなぁ。」なんてのんきなこと言ってられない。もう東京からはかなり離れてしまった。今日中に戻るのはもうあきらめた方が良い。

結論[編集]

スカイライナー使った方が絶対に良い。

余談[編集]

  • ラテン語の辞書で「NEX」の意味を調べては絶対にいけないぞ、お兄さんとの約束だ!てかこんな物騒な愛称を特急に付けるなぁぁぁ!!!
  • 一部の鉄道ファンからは「ネックソ」(N'EXO)と呼ばれる。
  • 根ッ糞

関連[編集]