成田離婚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

成田離婚(なりた-りこん)とは、カップルが結婚後に千葉県成田市内(主に成田空港)においてスピード離婚に至る現象である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成田離婚」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成田離婚 (ドラマ)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

日本における90年代のバブル全盛期にはジゴロ気取りの若者が運よくいい女を捕まえてそのまま結婚するというケースがざらにあった。その上ニート同然の若者でも新婚旅行で親のスネをかじって海外旅行に行けるくらい景気が良かった時代だったが、その軽さ故に互いの間でトラブルが発生した結果、主に成田空港での帰国の際にそのまま別れる事を「成田離婚」と呼んだ。呼称は地域によりけり(例:関西空港→関空離婚)だが、1番多かったのはやはり成田であった[1]為、ピーク時には成田到着前に飛行中の機内で入国審査書類と共に任意で離婚届けの配布を行う程となってしまった。なお、これは「もし最後まで愛し合ってあんなことになっていたら」という意味では、間接的に少子化に影響している。現在ではケース(後述)があまりに多くなったことや発生条件にも様々なバリエーションが出てきた事から主に成田市内でスピード離婚に至る現象を「成田離婚」と定義付けている。なお、ニュース番組などでよく見られる別々に帰国するケースは例外である[2][要出典]

成田離婚のきっかけとなるケース[編集]

ケースはバラエティーがかなり多く、また、ドラマ化されるほどネタに富んでいる。中には専門家すら大笑いさせるくらいの突飛なケースもあり、全部見ていると熟年離婚の夫婦が上等に見えてくる。

空港(旅行)編[編集]

市街地編[編集]

(例:神奈川県在住の人)

  • 両親に挨拶しようと成田在住の相手の家に行ったら一本で行けるはいいが、あまりに時間と金がかかりすぎてそして田舎でしかも飛行機と高速道路の騒音が凄すぎて離婚。
  • 成東と間違えたことに激怒されて離婚。
  • 初詣でに成田山新勝寺に行くか川崎大師に行くかで揉めて離婚。

電車編[編集]

  • 成田駅[3]から東京方面に遊びに行こうかと思ったがどの列車に乗ればいいかで揉めて離婚。
  • (前の続き)迷った揚句に我孫子駅に着いたがそこでたまたま食べた唐揚げそばが美味くて我孫子市が気に入った末に別居。そして離婚。
  • 「JR成田駅3番線の発車メロディーが『もじぴったん』に似ているね」といったら「オタクきんもーっ☆」と言われて喧嘩になって離婚。

考察[編集]

上に述べたケースは、殆どの場合親や友人などの第三者を交ぜた話し合い等で冷静になって常識的に考えれば解決するであろう事ばかりである。則ち、「恋は焦らず」なのである。なお、「成田離婚」は今の若者達に忍耐力が足りないと言われる一つの要因となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 他にも、飛行機に酔って着陸後に吐く人間が多いのも成田空港である。因みに工事の際に呪いの疑惑があったのは羽田空港。
  2. ^ 帰国の時点でなく二人で落ち着いて話し合ってから決着に至る事が多いというのが理由とされる。
  3. ^ JR成田駅からは4方向に線路が伸びているが、全て成田線。ちなみに南側に伸びる複線は千葉方面、北側の線路は3本あり、西側から我孫子方面、佐原方面、成田空港方面で、全て単線。

関連項目[編集]