我孫子駅 (千葉県)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

我孫子駅(あびこえき)とは、千葉県我孫子市に位置するJR東日本と合名会社弥生軒が共同運営する直営のそば屋である。なお、鉄道業務はあくまで副業である。

概要[編集]

千葉県の北西部に位置する我孫子市の南西部に駅がある。当駅からは常磐快速線緩行線成田線が発着する。成田線は貨物輸送こそはないものの、成田方面にそばのにおいとかを空気輸送している。

乗車の際は目的地の切符とともに食券を買い求める事となっているが、切符うりばと食券自動販売機が離れているため、食券を買い忘れる乗客も多い。定期券を利用する乗客については、当駅が出発駅か到着駅、もしくは経由地に登録されている場合に限り、当店のそばかうどんを一週間のうち1日無料で注文できる。駅の南北にはイトーヨーカドーがあるが、当駅のそばのおかげで客足が次第に遠のいているため、一時期苦情が寄せられていた。[要出典]

ちなみに、当店には一時的に山下清画伯が働いていたこともあり、2002年に生誕60周年記念として名誉駅長に就任した。

御品書[編集]

看板メニューの唐揚げそば。うどんかそばかが選べ、唐揚げは1個単位で増量可能。

一部のメニューのみテイクアウト可能。

特別快速停車運動[編集]

常磐線には特別快速という種別の列車が運行されているものの、上下ともに通過扱いとされている。そのため、当駅を通過するE531系電車は130km/hという猛スピードで通過することになるのだが、通過する際の突風でそばから立ちこめる湯気が吹き飛ばされ温度が下がることにより風味が劣るという苦情が相次ぎ、常連客をはじめとする利用客に署名を求めることをはじめとする活動が始まった。しかし2019年現在、成果は得られていない。

成田線複線化運動[編集]

成田線の空気輸送の成果が大いに出たのか、近年成田方面からの利用客が増加の傾向になる。また、空港アクセスが比較的良いため、成田空港からきた外国人観光客なども含めた潜在需要を見込んで近い将来のために成田線を複線化しようという動きが出ている。

脚注[編集]


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「我孫子駅 (千葉県)」の項目を執筆しています。


Gomen.jpg この「我孫子駅 (千葉県)」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)