戦車道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「戦車道」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「戦車道」の記事を執筆しています。

戦車道(せんしゃみち)とは、戦車の通行を前提として作成された剛性の高い舗装道路の事である。

概要[編集]

戦車という兵器形態が生まれたのは第一次世界大戦の前、ヨーロッパ各地で小規模な小競り合いが起きていた時代。当時の戦争と言えば塹壕戦であり、敵が背後から回り込まないようにと戦線の両翼へと延々と塹壕を掘り続けて睨み合うのが常であった[1]。塹壕に隠れた兵士は外から狙い難く、逆に塹壕内からは暴露面積の大きい騎兵隊は良いカモだったとされている[要出典]。そんな戦線を打破すべく生まれたのが、悪路に強い農業車両に装甲板と火器をくくりつけた対塹壕突破兵器――すなわち戦車である。

戦車の登場は塹壕戦を一気に過去の物とし、塹壕戦に拘ったあまり10年もかけて超大な塹壕要塞「マジノ線」を作ったフランスは歴史的大敗北を喫した[2]。ヨーロッパを中心として世界各国へと戦車は広がっていったが、実は大きな欠点があった。重すぎるのである。悪路走行に主眼をおいた無限軌道はそれだけでも装輪式より重くなるのに、大口径火器を防げる装甲まで配置すればその重さは恐ろしいものになる。舗装道路が早くから整備されていた[要出典]ドイツやイギリスでは、戦車の走行による路面損傷が交通事故を誘発するとして、社会問題にもなった程である。だからこそ戦車の重量を受け止められる剛性の高い舗装道路「戦車道」が必要とされ、各国がそれぞれの技術で対処していくこととなった。

構造[編集]

道路は基本的には四層構造になっている。一般的な戦車道の場合、最下層になる路体にはきめの細かい海砂を使って厚く作り、その上になる路床は粘りけのある山砂を用いる事で衝撃を吸収させる。そこに被さる路盤を自然礫石ではなく細かく砕いたコンクリートで作った後、路面となるアスファルトを通常よりも厚く塗り固める事で仕上げとなる。

ただしこの構造解説はあくまで一例であり、実際には国や地域毎に異なる技術が用いられている。日本の場合は一般的な道路と同じく定期的に再掘削し作り直すことで剛性を維持するのが特徴である。

脚注[編集]

  1. ^ 電気が通じているのは勿論、中で長期間兵士が生活出来るようにライフラインを整備するのが常識となっていた
  2. ^ マジノ線は結局ナチス侵攻を阻止できず、「引きこもり専用」などと悪態を吐かれる事になってしまった。

関連項目[編集]

軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この戦車道は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)