手ブラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「手ブラ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「手ブラ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「手ブラ」の記事を執筆しています。
「♪やっちゃえ!手ブラは強いぜ!」
手ブラ について、野澤恵

手ブラ(て-)とは、無段階フリーサイズブラジャーの一種。その便利さと解放感から、手ブラでスキーやキャンプ、バーベキューなどが楽しめる観光施設も存在している。

概要[編集]

他人による手ブラの一例。

言うまでも無くブラジャーはおっぱいの形状保持や外部刺激からの保護を目的とした美容着衣だが、おっぱいのサイズや脂肪分布形状により細かな調整が必要となる[1]。その為ブラジャーは試着を繰り返し合わせていくものだが、それでもフィットするものを探し出すのは難しい。人間の身体は千差万別であり、一朝一夕での解決は不可能と言える[要出典]。そのなかでサイズに関わらず身に付けられるタイプの、無段階調整ブラジャーとして生まれたのが手ブラである。

形状としては、自分もしくは他人のをおっぱいに押し当ててホールドするものが一般的である。公序良俗を加味すれば乳首さえ隠せればいいので、手のサイズが余りにも小さくない限りはどんなサイズのおっぱいでも着用可能となっている。またホールド具合も握力によって自在に変えられるので、常に最高のフィット感を維持することが可能。加えて手ブラは金銭的な支出がゼロに近く、若年層を中心に普及が進んでいる[要出典]

問題点[編集]

手ブラは何処まで行っても手のひらで行う為、自分でした場合両手が塞がって何もできなくなってしまう。また他人にやってもらう場合も常に一緒に行動する必要があるため行動が著しく制限されてしまう[2]

更に上から服を着るのが難しいので、必然的に上半身はブラ以外身につけられなくなってしまうというのも悩ましい問題である。

脚注[編集]

  1. ^ 単純に数字やカップ表記だけでおっぱいを判断するのは童貞だけである。靴のサイズが長さだけでなく甲幅や足指など細かな調整が必要なのと同じく、体に合ったブラジャーを探すのは難しい。
  2. ^ もちろん、それに抵抗がない相手もいるだろうが。

関連項目[編集]