手刀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

手刀 (てがたな、しゅとう、チョップ) とは戦時中日本軍が用いた刀剣である。プロレス空手などに刃引いた手刀の真剣を用いることがある。刀の刃を模した人間の掌で構成されている。

概要[編集]

手刀の起源は古く、残されている最古の資料には以下のように書かれている。

「聖徳太子は十人の賢者の話を同時に聞くことができた。

しかしその話を聞いた聖徳太子はあまりの彼らの愚鈍さに怒り、手刀で彼らの口を斬り落としてしまった」

この文献より聖徳太子は文武両道であるという説が有力視され、今現在学会にて活発に議論されている。 また口の前に手をあて静かにするよう促すジェスチャーはこれが起源なのは言うまでもない。

ほかにも聖徳太子は比喩の実用化に大いに貢献している。

手刀と歴史的関係[編集]

手刀の技術は、室町時代まではごく普通の一般家庭でも使われていたが1588年の豊臣秀吉が行った刀狩りで大半の使用者が手首を斬り落とされてしまった為、その技術は忍者に伝わるのみとなってしまった。 その刀狩りの理由として、この頃多くなった渡来人が日本人に握手を求める行為に対して、日本人が異常な反応をしたことが問題となったとされる。

「おい、大変だ!ジャパニーズはハンドガンを超える武器を持ってたぜ!何が銃は剣より強しだ!」

髪を斬られたフランシスコ=ザビエル

手刀と社会への影響[編集]

すべての日本人は生まれたときから、手刀の技術を両親と名付け親(ゴッドファーザー)により仕込まれる。

その方法は謎であるが、医学的観点から右手を熱した鉄に入れた後、金槌で叩いたとも言われている。

この説により鉄は熱いうちに打てと言う言葉ができ、子供に対する詰め込み教育を助長するようになってしまったことは大変残念なことである。

また、手刀はその鋭さゆえ少し間違えれば腕一本無くしてしまうことも日常的だった為、「人と擦れ違う時は右側通行」という不文律ができたのは自然の流れであろう。つまり右手を相手の外側にすることで自分も相手も安全に擦れ違うことができたのである。逆に左手に手刀を持つものは忌み嫌われ、その影響は現代の右手主義社会に未だ見られる。

このように技術としては死に絶えた手刀も、現代社会に風習という形で残されている。


俺はここにいるぜ。 なあに、こんな手刀すぐに完成させるさ、出来たら遊びに行こうな! (Portal:スタブ)