手コキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
手淫から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「手コキ」の項目を執筆しています。

手コキ(て-)とは、器具を用いず素手で行われる厳しい指導の事である。

概要[編集]

手コキとは「手」「シゴキ」の略称であり、その名の通り手を使って行う他人への指導を言う。自分自身への戒めとして行う場合もあるが、どうしても甘くなってしまうため「(指導ではなく)自らを慰撫する行為」として自慰と呼ばれる事が多い。男性相手に行われる事が多いが、それはやはり世間的に男性側が「強さ」を求められているからだと思われる。厳しく指導されて成長しなければ、男性は一人前になれないのだ。指導を行う側に関しては、男女を問わず存在する[1]

手コキは他の指導と異なり、集団の前ではなく密室で一対一になって行われる事が多い。これは指導の厳しさ故に、周囲へ発覚すると倫理的な問題になる可能性が高いからだと言われている。また一対一になって個別に指導することで周囲に助成を求められない状況を作り、相手を服従状態に追い込む効果もある。

指導によっての負傷を防ぐため、ローションを併用し行う事もあるが、素手での指導に拘る人間も多く様々な派閥を生んでいる。また足を使う足コキや口を使う[2]口コキ、女性限定で男性を服従させる膣コキなど使う箇所を変えた指導方式も存在する。そういった指導を集めた教習ビデオも市販されており、世間一般への浸透具合が伺える。

よく行われる状況[編集]

上記の通り基本的には密室にて一対一で行われるが、近年では自らを鍛えるため厳しい指導を求め専門家の門戸を叩く求道者も少なくない為多対一になることもある。その場合は専門家の両側に立ち、それぞれの手で個別に指導を受けるのが一般的である。

また彼女など支配的立場にある女性から受けることもあるが、指導としての評価はそう高くはない。指導を越えて単なる暴力になることが極めて多いためである。とは言え手軽と言う事もあり、家での指導も一般化している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、より強く自らを鍛えるためか女性による指導を望む男性が多い。世間的には女性は弱いものとされているため[要出典]、自分を更に「弱いもの」と位置付けて精神面を鍛えようと言うのである。
  2. ^ 罵倒、噛み付きetc.そのバリエーションは極めて豊富である。舌のみを使う場合もあるが、舌コキとは呼ばれない。