手首

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

手首(てくび)とは実際はであるはずなのに違う部位であるの名前をつけられてしまうという数奇な運命を持った体の部位のことである。

概要[編集]

ここには頚動脈が通っておりちょっと切れば血がだらだらと際限なく溢れ出す。またここには関節もあり手を動かすためにはどうしても必要になってくる。そしてここには首とは違いどこから手首でどこから腕という判断基準が無い。それだというのに手首はあくまで首とされてしまうのである。

なぜつけられてしまったのか[編集]

日本語では手、首、そして手首と呼ばれる。だが英語ではそれぞれハンド、ネック、そしてリストと呼ばれる。なぜ英語ではそれぞればらばらで呼ばれるのに日本では複合してしまったのだろうか。

仮説1[編集]

首という言葉にはどこかにつなぐという意味もあるそうだ。つまり手に繋がる場所ということで手首とされたのではないかというものがある。しかしこの説の通りだとするとなぜ内臓類に関する繋がる場所荷は首と着く場所が無いのかという矛盾が生じてしまう。

仮説2[編集]

昔の人は手首の形が首のようだから手首と名づけて、そのまま現代まで受け継がれてきたという物がある。しかしこの説の通りだとするとなぜ英語などではリストと名前を分けるのかということと矛盾してしまう。

このほかにもさまざまな説が出されているがいまだ完全な説は出されていない。

利用方法[編集]

この手首はとても便利、というかもはや何をするにしても必要な物となっている。バールのようなもの鈍器のようなもので人を殴打するときにはここでスナップを利かせれば一撃必殺といっても過言ではないくらいのダメージを与えられるし、球技でもやはりここでスナップを利かせることで笑えるくらいの威力の弾を撃つことが可能になる。また腕時計を巻くのも手首、警察が手錠をかけるのも手首、処刑のときに枷をはめるのも手首といったように手首はさまざまな場面で活用されている。

それなのに手首という名詞の組み合わせの名をつけられてしまっているのだ

関連項目[編集]


この項目「手首」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)